LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

ちょっと早いけど、誕生日のケイキ

2013.10.27
DSCN9841.jpg

http://www.lanka-uk.com/jp-home.html

親友の一人が二週間くらい前に、「27日にランチしよう」と連絡してきた。近所の、よく行くインド料理屋でということだったので、「OK」。

 レストランで落ち合おうということで約束の時間に行ったらドアに鍵がかかっていた。レストランのオーナーがドアを開けてくれて、なにごとと思いつつレストランの中に視線を向けると、連絡してきた親友の他に数人の友人達。

 何が起きているんだ、という表情をしていたんだと思う。友人達が一斉に、「Happy Birthday!」と。

 「まだなんだけど」というと親友が、「知っているよ。でも、ロンドンの暗い時季の誕生日はつまらないと言っていただろう。だから、みんなで今日にしようということにしたんだ。早いから怪しまれないだろうし」。全く予想すらしていなかった。

 インド料理はちょっと不安だったけど、バターを使っている料理は避けた。

 楽しい時間は、文字通り「あっ」という間。これでお開きだから感謝の言葉をと思っていた時、隣に座っていた友人がキッチンの方へ歩いて行った。持ってきたのは、見間違いようもないランカのヴァニラ・ショート・ケイキ。

 友人によると、どうせ秘密なら、ランカでケイキを頼んでもっと驚かせようと考えたとのこと。でも、僕の好みが判らないから電話した時、対応してくれた女性に、「前の記録が残っていたら、それを教えて」と頼んだらしい。数分のうちにシェフから連絡があり、「記録を読むまでもなく、Mr Moriyaの好きなケイキはこれ」と。シェフ、ありがとう。

 18日から厳しくLow Fat Dietを続けてきたし、日本人によるケイキだから平気だろうと祈りつつ食べたケイキの旨いこと。胆石も、今日は暴れなかった。ランカのケイキ、自分で購入しないで楽しんだのは初めてだ。

 夜は、別の集まりで、2年ぶりにある夫妻と再会。こんな日もあるんだ。嵐が幸せを運ぶことも、たまにあるかもしれないロンドン。

http://www.flickr.com/photos/89578620@N00/10522003843/
関連記事
スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.