LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

強気のロンドン2:大家に文句を言うと追い出される

2013.11.11
夏の終わり頃から、ロンドンだけが英国内で突出しているという報道が増えている。最も注目を集めるのは不動産関連。ビリオネアが不動産を購入できないというニュースから、住宅福祉の破綻でロンドンから追い出される低所得家庭の数が予想を遥かに超えて増えて居る等々。

 先週、今のロンドンなら起きても全く不思議でない、でも、箍が外れかけているのではと感じる報道があった。

One in three private tenants ‘faces eviction if they complain’
http://www.standard.co.uk/news/london/one-in-three-private-tenants-faces-eviction-if-they-complain-8926120.html

 最近、現在のイヴニング・スタンダード紙のオーナー(ロシア人)が、いつまで経営できるか判らないとも受け取れる発言をしていたので、記事の精査がどの程度か判らない。一読、少し煽動的な雰囲気があるように感じるので。

Private tenants are putting up with major defects such as damp, faulty boilers and serious disrepair for fear of being evicted if they dare to complain, it was claimed today.

A survey reveals that one in three tenants has been evicted or threatened with eviction after complaining to their landlord.

Fear of eviction and a desperate shortage of properties available for rent has resulted in more than 70 per cent of tenants paying for repairs themselves. The survey, by online community The Tenants’ Voice, identified the threat of “retaliatory evictions” — when landlords will throw out a tenant rather than undertake requested repairs.

Six in 10 of those questioned said they had asked their landlords to make essential repairs, but found they had been difficult or had flatly refused to sort the problem out.

In one in three cases, this included repairs to faulty boilers, which can be extremely dangerous if not fixed.

Glenn Nickols, director of The Tenants’ Voice, said: “While 86 per cent of tenants have never heard of ‘retaliatory evictions’ as such, a third of the tenants we surveyed had either been evicted or threatened with eviction after complaining.

“Landlords have a responsibility to ensure that the property they are renting is fit for purpose, and that means ensuring that any reasonable requests that are made by their tenants are dealt with promptly.”

Karen Jones, 47, editor of CityWealth financial and lifestyle magazine, claimed she has had to leave her home after complaining about flooding. She has been renting her one-bed mews house from the Portman Estate, paying £2,383 a month for the property just north of Marble Arch.

But in September a blocked drain flooded it with waste water.

She said: “The floodwater came in upstairs and caused severe damage.

“It was an absolute nightmare trying to deal with 10 to 15 workmen coming in and out for weeks on end when I was trying to work.

“When I complained to Portman, they replied saying, ‘We’ve done all we can, here is a credit for £800 but now we won’t renew your tenancy’. It has wasted weeks of my time and energy and I found Portman very difficult to deal with.”

A Portman Estate spokeswoman said: “Unfortunately a water leak caused Ms Jones inconvenience in her final month at the property.

“We immediately set about rectifying the damage, have given Ms Jones compensation and allowed her to stay in the property for a further two months.”


 もちろん、退去させられた皆さんが、もしかしたら悪質なテナントであった可能性はある。例としてあげられているポートマン・エステイトの対応も、テナントの女性側に何らかの問題があったのかもしれない。

 しかし、現在のロンドンからは、これはあり得るだろうと。ポートマン、確かロンドンの大地主の中では5番目の規模。ロンドンに来たことがある人には、マープル・アーチ界隈と言えば大体の場所は判るだろう。最近、再開発が進んでいるベイカー・ストリートに、新しいビルを建設したばかり。
 ロンドンのローカル新聞とはいえ、公の場所にこのような強気の発言を載せても平気という判断をしたことに、住環境に関して、ロンドンは「持っている側」が主導権があることを感じる。

 サッチャー政権が押し進めた家を所有することを奨励した政策で伸びた持ち家率は、今、イギリス国内全体で急速に減少に転じているそうだ。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

- ハマちゃん

ロンドンの好景気は、ロンドン五輪がキッカケでもあったのか、背景は良く分からないのですが
こんな、誰も彼も(先の日記のレストランにしろ、このポストの大家にしろ)、

「客を選び」にかかって、弱者は切り捨てにかかって、

一体、そういう傾向が文化的成熟に繋がるんだろうか。と、憂鬱になってしまう。
文化的には退行してる気がしてしまいます。
分け合う精神ではなく、我が我がの奪い合う精神。
2013.11.12 Tue 19:35 URL [ Edit ]

- 守屋

ハマちゃん さん

 ロンドンの好景気は、今までないがしろにされていた「資産」の使い道をイギリス人がやっと気づいたから、という見方もできるかなと思います。

 その資産をめがけて世界中から金と人が押し寄せてきている、そんな印象を持ちます。その金で踊れるのは一部の資産階級、そして大量な人の流れに押しつぶされているのが普通の人々の暮らしであり、NHSではなかろうかと。

 その金の使い道を誤れば、次ぎに来るのは文化の衰退でしょうね。
2013.11.13 Wed 16:44 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.