LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

ドーミエ(Daumier)@ロイヤル・アカデミィ・オブ・アーツ

2014.01.18
スクリーンショット 2014-01-18 8.58.53
(ロイヤル・アカデミィ・オブ・アーツのサイトから無断拝借)

ピカデリィにあるロイヤル・アカデミィ・オブ・アーツでドーミエの展覧会を観てきた。

Daumier (1808-1879): Visions of Paris
http://www.royalacademy.org.uk/exhibitions/daumier/

 初めて聞く名前で、でも新聞のレヴューではとても高い評価だったのできにはなっていた。友人が、「ホガースを学んだのなら、絶対に観ておくべきだ」と強く勧めるので金曜日の夜に行った。芸術家としての彼の評価はよく判らないままだが、ドーミエの作品から彼の影響を、以降のフランス絵画・美術がどのように受けたかがよく判り、観ることがでてきよかった。

A staunch believer in the Republican cause, a freethinker and chronicler of everyday life in turbulent 19th century Paris, Honoré Daumier lived during a pivotal time in France’s history. 'Visions of Paris' sets out to explore his legacy through 130 works, many of which have never been seen in the UK before, with a concentration on paintings, drawings, watercolours and sculptures.

Daumier's work has been admired by artists both of his time such as Degas and Delacroix as well as those who followed; from Picasso and Francis Bacon to Paula Rego and Quentin Blake. Daumier made his living as a caricaturist in newspapers, observing and ridiculing the conceits of bourgeois society, reserving special criticism for dishonest politicians and lawyers; even earning himself a spell in jail for his depiction of King Louis Philippe as Gargantua.

Broadly chronological, this exhibition is the first to go beyond Daumier’s lithographs in the UK since 1961. Spanning the decades from 1830 to 1879 it will look at the range of his output, from disturbing images of fugitives from the cholera epidemics and deeply felt images of the laundresses and street entertainers living in his neighbourhood to his take on the role of spectators and collectors in judging art. In its variety and breadth, this exhibition will give visitors visions of Paris to live long in the memory.


 革命によって二転三転していた頃のパリを、新聞への風刺画、油彩や水彩で描くドーミエの作風からは、ロダンやセザンヌ、ちょっとこじつけかもしれないけどミレーへの影響が見て取れた。フランス美術史を学問として学んだことの無い僕には、貴重な経験だった。1月26日終了なので、未見の人にはお勧め。

 ロイヤル・アカデミィが会員向けのホスピタリティを向上させたのは聞いていたが、とても素晴らしい。

http://www.keepershouse.org.uk/

 レストランやカフェは、昼間は会員限定だが、夜は一般も利用できる。レストランをのぞいてみたが、隠れ家的な雰囲気で良かった。外の喧噪を逃れてレストランやバーで友人達と過ごすにはよさそう。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.