LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

ロンドンの美術展、活況:ゴッホのひまわり、ヴェロネーゼ、ヴァイキング他

2014.01.27
2013年は、個人的には、ロンドンでの美術展はオリンピック・ロスという感じで、後半の「春画展」以外に興味を惹かれる展覧会はほとんどなかった。が、今年はかなり活況。まず、ナショナル・ギャラリィでは、ゴッホの「ひまわり」2点が隣り合せで、4月27日まで展示されている。これは無料。

Identical-twins-Ella-L-an-011.jpg

http://www.nationalgallery.org.uk/whats-on/exhibitions/the-sunflowers

Two Van Gogh sunflower paintings displayed together at National Gallery
http://www.theguardian.com/artanddesign/2014/jan/24/two-van-gogh-sunflower-paintings-displayed-together-national-gallery

 同じくナショナル・ギャラリィでは、3月からヴェロネーゼの特別展。

スクリーンショット 2014-01-27 21.19.01

http://www.nationalgallery.org.uk/whats-on/exhibitions/veronese-magnificence-in-renaissance-venice

 全く聞いたことのない名前だったので、ヴェネツィア在住の友人(http://fumiemve.exblog.jp/)に尋ねた所、ティツィアーノティントレットと並ぶ16世紀ヴェネツィア派の3大巨匠の一人とのこと。だったら、「fumievとヴェロネーゼを観るロンドンツアー」を企画すればと提案したら、却下された。友人のブログを楽しみにしている読者の皆さんは参加するのではと思う。

 建築や彫刻は不得手分野だが、興味を惹かれる展覧会が続く。一つは、テイト・ブリテンで2月5日から始まるリチャード・ディーコンという彫刻家の展覧会。

exb-main-0022-richard-deacontate-web-banneraw.jpg

http://www.tate.org.uk/whats-on/tate-britain/exhibition/richard-deacon

 彼の名前も全く知らなかった。が、写真を見るだけでも、かなり興味を惹かれる。もう一つは、ピカデリィのロイヤル・アカデミィで始まった、「Sensing Spaces: Architecture Reimagined」。展示物の規模は2009年秋のカプール展(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1099.html)に匹敵する、もしくはそれ以上かも。

sspve071-24963.jpg

http://www.royalacademy.org.uk/exhibitions/sensingspaces/

 ブリティッシュ・ミュージアムでは、3月6日から大規模な「ヴァイキング展」が始まる。超目玉らしい、1000年以上も前のヴァイキング船は既にロンドンに到着して組み立てが始まっている。

http://www.britishmuseum.org/whats_on/exhibitions/vikings.aspx

Mighty Viking 'war machine' takes shape for British Museum exhibition
http://www.theguardian.com/artanddesign/2014/jan/17/viking-warship-british-museum-exhibition

 全く興味のなかったパウル・クレー展。が、行ってみたらかなり面白かった。しかし、一回だけでは消化しきれない規模だったので、会期終了前にあと数回は行ければと。

http://www.tate.org.uk/whats-on/tate-modern/exhibition/ey-exhibition-paul-klee-making-visible

 どれもこれも微妙に開催時期がずれているので、日本から観に来てはと気軽には勧められないのがもどかしい所。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.