LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

無料コーヒーは、カフェをつぶすか?

2014.03.02
mywaitrosecard.jpg
(僕のにはロイヤル・ワラントは印刷されていない)

イギリス大手スーパーの一つ、ウェイトローズが(確か)昨年から始めた新しいカードがある。my Waitrose card。これはクレジット機能はないし、ポイントを貯めるベネフィットはない。特定の商品が割引になる特典の他に、始まった当初から何か起きるだろうと多くの人が予想したベネフィットが二つある。一つは、店内にカフェ・コーナーがあるウェイトローズでは、このカードを提示すると、買い物をしなくてもコーヒー等のホットドリンク一杯が無料になる。二つ目は、会計が£5−になると、特定の新聞を無料で提供するというもの。昨日、週末のファイナンシャル・タイムズに以下の記事が掲載された。

Labour creates storm in a coffee cup over Waitrose loyalty scheme
http://www.ft.com/cms/s/0/243ebf2c-a054-11e3-a72c-00144feab7de.html

(High quality global journalism requires investment. Please share this article with others using the link below, do not cut & paste the article. See our Ts&Cs and Copyright Policy for more detail. Email ftsales.support@ft.com to buy additional rights. http://www.ft.com/cms/s/0/243ebf2c-a054-11e3-a72c-00144feab7de.html#ixzz2uppggYCZ)

The Labour party has accused Waitrose of stealing trade from small high street shops by giving a million free coffees and newspapers to its customers every week.

In its latest salvo against big business, Labour said the myWaitrose loyalty scheme was having a “stark effect” on small coffee shops and newsagents across the UK.

Andy Sawford, shadow communities minister, has written to every MP with a local Waitrose asking them to press the chain to make changes to the scheme in the “spirit of fair competition”.

(High quality global journalism requires investment. Please share this article with others using the link below, do not cut & paste the article. See our Ts&Cs and Copyright Policy for more detail. Email ftsales.support@ft.com to buy additional rights. http://www.ft.com/cms/s/0/243ebf2c-a054-11e3-a72c-00144feab7de.html#ixzz2upplFdYB)

Mr Sawford urged MPs of all parties to write to Mark Price, managing director of Waitrose to tell “him that his company is acting in a way that will further destroy the British high street”.

Mr Price described Labour’s claimed as “nonsense” and said Mr Salford was “completely misguided”.

Until now Waitrose has been held up by politicians from all parties as the model of good capitalism. Nick Clegg has even called for a fairer “John Lewis economy” in reference to Waitrose’s parent company, which is owned by its staff.

Shoppers with a myWaitrose card are entitled to a free daily tea or coffee, including cappuccinos, lattes and mochas, even if they do not buy anything else in store. They also receive a free copy of most daily quality newspapers if they spend more than £5.

The scheme, which has about 4m members, has upset some traditional Waitrose shoppers, who feel that offering free hot beverages is attracting the “wrong type” of customers to the aspirational supermarket.

Waitrose is estimated to be giving away 1m free cups of coffee and nearly 1m newspapers to its 5.6m customers each week.

Mr Sawford, MP for Corby and East Northamptonshire, wrote in his letter that Waitrose had “many admirable characteristics” as an employer and contributor to local communities.

But he added: “I am concerned that its current customer loyalty scheme is having a very negative impact on specific types of local small businesses.”

The MP argued that the myWaitrose card was different to other supermarket loyalty schemes because it gives away products that are sold by independent newsagents and cafés.

“The company’s policy may be providing it with some competitive advantage in relation to other supermarket rivals but this is at the cost of the impact on these local small businesses,” he said. “I have seen the stark effects of the Waitrose scheme on the turnover of businesses in my own constituency.”

Labour has cast itself as a defender of customers and small companies against the interests of “big business”, pledging to introduce a cap on energy bills and a bankers’ bonus tax if it wins next year’s general election.

(High quality global journalism requires investment. Please share this article with others using the link below, do not cut & paste the article. See our Ts&Cs and Copyright Policy for more detail. Email ftsales.support@ft.com to buy additional rights. http://www.ft.com/cms/s/0/243ebf2c-a054-11e3-a72c-00144feab7de.html#ixzz2uppsxHk1)

However, Tim Britton, head of research at pollster YouGov, warned that it was “risky” for Labour to turn its fire on Waitrose because of its high satisfaction ratings and “very, very loyal customer base.”

“There aren’t many people thinking negative things about them, that makes it a dangerous business to attack,” said Mr Britton. “But people like them for behaving in the right way. If they’re seen as doing down the little guy it could rebound on them.”

Mr Britton said there had been a slight rise in “negative buzz” around Waitrose since it launched the loyalty scheme late last year.

One local newsagent, Chris Cant of Oundle News, said he had seen newspaper sales plunge a third since a local Waitrose opened in October. “The day they opened we started to get squeezed,” he said.

Mr Price rejected the criticism, saying the world needed to “wake up, frankly”.

He said newspaper circulation had gone up last year, partly because of Waitrose giving papers away

“What I feel I’m doing is just defending the freedom of the press,” he said. Mr Price said free hot beverages were “common currency” on the high street, with coffee shops, hotels and garages all giving them away.

“This is a completely misguided comment that fails to understand how the world is moving, and the relationship that businesses need to develop with their customers,” Mr Price said.

He also dismissed the idea that there had been “systematic abuse” of the Waitrose card to obtain free coffee, saying there was no evidence of people “freeloading”.


 このコーヒーと新聞無料が、地域の小さなカフェや新聞販売店を閉店の脅威にさらしている、労働党のある地方議員が噛み付いた、と。

 労働党が大嫌いのテレグラフが早速噛み付いた。

Labour backs down in 'absurd’ Waitrose row
http://www.telegraph.co.uk/finance/newsbysector/retailandconsumer/10670369/Labour-backs-down-in-absurd-Waitrose-row.html

 件の労働党議員が、他の大手スーパーから支援を受けている問い笑い話程度のものだし、政治家の横やりなんてこの程度の低次元のものと一笑に付すことができる。また、ウェイトローズの利用者から、この無料制度が、ウェイトローズのブランドイメイジにあわない人を多く呼び寄せているから困る、とのクレイムもある。

The Waitrose coffee revolt: Regular customers complain that free drink offer 'attracts too many chavs'
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2530902/The-Waitrose-coffee-revolt-Free-drink-offer-attracts-Chavs.html

 このような話は脇に置いて、でも、インパクトはあるだろうと思う。今日、友人と会う前によく使うブランチに行き顔見知りのフロア・マネイジャーにファイナンシャル・タイムズの記事を読んだか尋ねると、ある例を教えてくれた。

 曰く、ロンドンの新金融街のカナリィ・ワーフにあるウェイトローズは、このスキームが始まって以来、毎週、何千杯ものコーヒーを無料で提供している。その影響で、隣にあったコスタ・コーヒーの店が廃業に追い込まれたそうだ。

 僕自身はコーヒーは飲まないが、新聞の提供には恩恵を受けている。ガーディアンとタイムズは定期購読しているが、それ以上は予算的にはきつい。が、ウェイトローズでテレグラフを、特に土曜日のを無料(といっても他の買い物とあわせて)でゲットしている。新聞各社にもこれは、おそらくウェイトローズがかなりの部数を買い切りにしているであろうから、名目上は販売部数を上乗せでき、広告収入を伸ばすには好都合なのではないか。僕が新聞を購入している販売店でガーディアンを購入しているのは僕だけ、という事実もこれに関係しているのかなと思いつつ。
 
 政府の予想を遥かに超えて欧州圏からの移民が急増している現在。特に無料コーヒーは無くなるのではないかと想像する。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

- ハマちゃん

こういう戦略の結果、ウェイトローズにChav客が増えたら嫌だ、という言い分は

すごく理解は出来る反面、
生理的にもの凄く嫌悪感を覚える言い分でもあり。
フクザツです。

この無料コーヒーとか新聞、という戦略自体には、私は良い悪い判断全然付かないですが
違う階級を閉め出したいかのようなメンタリティ、融合は絶対にしたくないというメンタリティに、どうも生理的に合わないものを感じます。

ところで、行きつけのニューズスタンド(?)でガーディアン購入者は守屋さんだけなんですか。
それもビックリしました。

というのは、うちの主人はガーディアン派ですし、前に付き合いのあった米国人もガーディアン派だったので
国際的にも広く支持されてると思ってましたので。
そして主人もテレグラフが嫌い、というタイプ。
私は完全なる雑食です。タブロイド(オンラインだけど)も読みます。
でも普段からマメに読むのではなく、気になった記事を検索して読む程度なので、読む量としてはとてもとても、守屋さんの消化量には敵わないです。
2014.03.03 Mon 12:13 URL [ Edit ]

- 守屋

ハマちゃん さん

 面白いですよね。ウェイトローズ側は、今の所カードを提示すれば誰でもウェルカムと言っている。「ウェイトローズで買い物をしている自分」というブランドを維持したい顧客側がそれを受け入れられない。

 昨年末までは毎朝、店に10部ほどのガーディアンが積まれていました。が、年明け早々、それが一気に2部に減ったんです。どうしたのか尋ねたら、毎日ガーディアンを購入するのは僕だけとのこと。
 ちょっと驚きました。でも、僕が今暮らしている地域は、ロンドン中心に近いエリアの中で、「純イギリス人」が急激に減っている地域なので、ガーディアンがターゲットにしている読者も減っているのかなと考えます。

 ガーディアンも手をこまねいている訳ではないようです。オーストラリアに進出を果たし、当地のリベラル読者からはかなり歓迎されているようです。国際ニュースのアジア・オセアニアを開くと、最近はオーストラリア発のニュースの量が格段に増えています。
2014.03.03 Mon 21:29 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.