LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

「伝統」だからなんだってんだ!:食べ物を無駄にするのは止めて欲しい

2014.03.03
orange_battle_italy_9.jpg

Orange-fight-in-Turin-010.jpg

今朝、出かける前にBBCのニュースサイトを読んでいて目の端に引っかかったのは、北部イタリアでのオレンジのぶつけ合い。

Battle of oranges: Italian town Ivrea marks historic carnival
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-26404662

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2164.html

 楽しんでいる地元の人々に尋ねたいのは、このオレンジで、どれくらいの人の命を救えるかを考えたことはありますか?経済が困窮しているイタリア国内でも、食事を事欠く人が居るかもしれない状況で、「伝統だから」で本来暮らしを成り立たせる食べ物を、単なる遊びの道具として無駄にすることを止める人は誰一人としていないんですか?

 食べ物が無駄にされて行くのを見るのは、腹立たしく、そしてとてつもなく悲しい。250キロのオレンジで何ができると言い返されるだろう。戦争のために消えかけているでも、オレンジ一つが救える命はたくさん有る。

 悲しい。

関連記事
スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.