LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

小国が乱立しても、ロシアには敵わない、かな

2014.03.26
クリミアの分離・併合だけではないが、最近、どうしてこう、人は隣人を受け入れず、「だから独立だ」と叫ぶのかと思っている。そんな気分に少し呼応する記事が昨日のガーディアンに。そう思っている人はけっこう居るようだ。

Will Orkney and Shetland join the micronationalists?
http://www.theguardian.com/politics/shortcuts/2014/mar/24/will-orkney-shetland-join-micronationalists-independence-vote

Alex Salmond should always have expected it. Once you stir the nationalist pot, you can never know where it will lead. Residents of Orkney, Shetland and the Western Isles are petitioning the Scottish parliament at Holyrood for the right to hold their own referendum on independence, but this time from Scotland rather than the UK. In one scenario, the islands might vote to leave Scotland and remain in the UK.

 スコットランド独立の是非を巡る投票が近づいているが、スコットランド本土から更に先のシェトランド諸島やオークニィ諸島ではイングランドに残り、スコットランドから離れるかどうかの投票を望む声が有る。
 先日、現在ブリティッシュ・ミュージアムで大好評開催中のヴァイキング展を観てきた。会場ないに掲示されている説明によると、アウター・ヘブルディーズの島々だけでなく、マン島も15世紀半ばまでノルウェイ(それともデンマークだったか)に支配された居たとのこと。それが事実であれば、スコットランド本土と島々の絆ってそれほど強いものではないのかもしれない。

At the same time as the Scottish islanders are thinking of going their own way, Venice and the Veneto region have also declared their desire to break away from Italy. An online poll, in which 2.3m people voted, registered 89% support for secession. They have a point of course: Venice is sui generis, a world entire unto itself, culturally different from the rest of Italy. No doubt if Venice secedes, the islands of Murano and Burano will want to consider their own futures. We may be entering the age of the microstate.

 ヴェネツィアがイタリアから独立したがっているなんて知らなかった。数日前のある新聞報道では、サルディーニャがイタリアから分離してスイスの一部になろうという運動が有るらしい。

The list of would-be seceders around the world is staggering. In Spain, the Basques and Catalans have long wanted to break away, but there also active nationalist movements in most of the other regions. In Belgium, the Flemish and Walloon halves of the country exist in a state of mutual loathing. Carinthia wants to break away from Austria; Brittany from France; Bavaria from Germany; Moravia from the Czech Republic; Frisia from the Netherlands, and on and on. And that's just Europe. Imagine how many secessionist movements there are in Africa (six in Ethiopia alone), Asia (a dozen in Burma) and the Americas. The US doesn't just have secessionists at federal level; in quite a few of the states, there are counties that want to break away.

 ヨーロッパでは、カリンシアがオーストリアから、バヴァリアがドイツから(これは、スペインのカタロニアとバスク同様、けっこう知られているのではなかろうか)、ブリタニィがフランスから、モラヴィアがチェコから、オランダではフリシアが独立を望んでいる。

 もちろん住民同士の争いがあるのだろうけど、更に言えば、現代の政治家って、このような問題を解決する能力も、議論を重ねる辛抱もないのだろう。簡単に、分離だ、独立だ、戦争だとしか言えないのであれば、そのような政治家は必要ないという意見ができてきて欲しい。

 ヨーロッパ、アフリカ、アジアの小国の乱立・混乱を歓迎するのはプチンだけのように思う。歴史が繰り返されるような気がしてならない。人間は、自分たちが思うほど賢くはないことを自ら証明する道を選ぶこともあり得る気がするこのごろ。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.