LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

Les Talens Lyriques@ウィグモア・ホール、イースター・ウィークの音楽

2014.04.17
DSCN5141.jpg
(クリストフ・ルセ。彼の後ろにあるのはオルガンとハープシコード)

昨晩、ウィグモア・ホールで再び、Les Talens Lyriques。前回同様、ルセ自身のアンサンブルではなく、ルセ自身、ソプラノが二人、ヴィオラ・ダ・ガンバの4人という小編成。

Performers
Les Talens Lyriques

Christophe Rousset
director, harpsichord, organ

Amel Brahim-Djelloul
soprano

Judith van Wanroij
soprano

François Joubert-Caillet
viola da gamba

Programme
Charpentier

Seconde leçon du jeudi
Septième répons après la première leçon du troisième nocturne
Cinquième répons après la seconde leçon du second nocturne
Second répons après la seconde leçon du premier nocturne

Couperin

Trois Leçons de ténèbres pour le Mercredi Saint
About this concert

Among symbolic acts associated with the Holy Week liturgy, one of the most dramatic concerns the snuffing out of fifteen candles during the Office of Tenebrae, the nocturnal service observed on Maundy Thursday, Good Friday and Holy Saturday.

Christophe Rousset and Les Talens Lyriques evoke the ritual’s unique power and beauty through the Leçons de Ténèbres of Charpentier and Couperin – profound musical responses to words from the Lamentations of Jeremiah.


 演奏された音楽は、今週末がイースターということで意味のあるものだったのだろうけど、あいにく、知識がないので何も語ることができない。全体を通しての印象は、高らかに歌い上げるのではなく、暖かみを感じる内省的な曲が多かった。

 今回もまた、クリストフ・ルセの技術に感心した。前回、写真を撮っていたら注意されたので今回は控えたのだが、オルガンとハープシコードを重ね、曲毎にオルガン、ハープシコードを弾き分けていた。全くよどみのない動きだったが、鍵盤のタッチが違うだろうから難しいのではないかとおもう。

 余談。つい先日まで、アメリカもイースターで休みになると思い込んでいた。調べたことなかったことに気づき検索してみたら休みではない。かなり吃驚。

関連記事
スポンサーサイト
Songs    Comment(0)   ↑Top

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.