LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

PUSH、ロンドン公演

2014.04.26
スクリーンショット 2014-04-26 6.25.37
(2010年10月のアテネ公演のポスター。9月に撮影、https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/5065045900/

昨日サドラーズから、7月29日から8月3日まで、「PUSH」のロンドン再演が決まったとのメイルが届いた。久しぶりに観たいなと思ったのだけど、場所はコリセウム劇場。紹介しておきながらだけど、多分、行かない。

Sylvie Guillem and Russell Maliphant — PUSH
http://www.sadlerswells.com/whats-on/2014/Sylvie-Guillem-Russell-Maliphant-Push/

Sylvie Guillem is widely regarded as “the most brilliant ballerina of her generation” (The Guardian). Russell Maliphant has developed a unique approach to choreography, encompassing his vast experience of ballet and contemporary dance as well as capoeira, t’ai chi and yoga, to create a language which is elegant, articulate and resonant.

The production features four works, including Two, a dazzling solo which seems to trap Guillem in a box of light. The works are complemented by Michael Hulls' stunning lighting and accompanied by music from Andy Cowton, Carlos Montoya and Shirley Thompson.

Since its debut in 2005, PUSH has received four major awards: an Olivier Award, a Time Out Award, Best Choreography (Modern) at the National Dance Awards and the South Bank Show Dance Award.


 僕個人の思い込みなので参考にならないが、劇場がこのプロダクションには大きすぎるのではないかと思う。が、このプロダクションを観たことがない方には一度は観ておいても良いかなと。

 解説に書いてあるように、2005年9月のロンドンでの世界初演(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-410.html)。以来、世界中で公演が続いていることからも推察できルガ、振り付け、ダンサー、証明すべての水準が素晴らしく、文化背景が異なる国でも受け入れられている。サドラーズ発のプロダクションの中で、ダントツの成功例だろう。

 9月から始まる来シーズンの演目の中に、ギエムの新作があればと期待しているのだけど、どうかな。「6000 miles away」からもう3年だし。ギエムがまだ新しいことに挑戦し続けているのであれば、観たい。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.