LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

ヴェロニク・ドワノー:バレエはかくも残酷で、非情で、でも美しい

2014.06.15
YTでいろいろとバレエの映像を検索していたとき、偶然、Veronique Doiseneauというタイトルを見つけた。バレエを熱心に観ている人でも、あまり知られていないタイトルではないかと思う。僕も、タイトル、そして内容は知っていたが、観る機会などないと思っていた。このダンスを知ったのはこの記事。

http://www.chacott-jp.com/magazine/world-report/from-paris/paris0410b.html

http://www.chacott-jp.com/magazine/world-report/from-paris/paris0511b.html

 YTで見つけたのは、2005年の再演、つまりドワノーの引退に合わせたもの。YTはいつまでリンクが有効だかが判らないのであまりリンクを張りたくない。しかし、この映像は、僕個人の想いとして多くの人に観てほしい。










https://www.youtube.com/watch?v=OIuWY5PInFs


https://www.youtube.com/watch?v=FjPcRRH_4CM


https://www.youtube.com/watch?v=L10LlVPE-kg


https://www.youtube.com/watch?v=TfsOj4a2ggA


 ドワノーは最初の映像の中で自分の才能は充分ではなかったと言っている。しかし、世界のバレエ・カンパニーの頂点の一つであるパリ・オペラ座に入団し、スジェの位置まで登り詰めたというのは、才能は充分にあったはず。その才能ではエトワールにはなれないほど、バレエ・カンパニーの頂点に到達できるのはほんの一握りのダンサー達だけ。

 3番目の映像には、思わず目頭が熱くなった。

 僕が知る限り、コール・ドの経験がないままトップに登り詰めたのはカルロス・アコスタかな。シルヴィ・ギエムや吉田都さんも群舞の時代を経て頂点に立った。

 今年、日本のバレエ界には明るいニュースがあった。彼らが世界に羽ばたくことを願う。が、彼らが世界のバレエ・カンパニーに入団できても、キャリアは群舞から始まるだろう。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.