LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

患者がカウンセリング・サイコセラピィを終了すること

2014.06.21
カウンセリングについては本当に久しぶり。ブログに書くと情報が誤解されることがまだまだ多く起きるので控えている。数日前に、インディペンデント紙に、面白い記事があったのでそれを紹介。

Stopping therapy: We have ways of making you talk
http://www.independent.co.uk/life-style/health-and-families/features/stopping-therapy-we-have-ways-of-making-you-talk-9541789.html

Walking away from therapy is a big step, but what if your analyst tries to stop you? Their methods of persuasion can be intense – and not always ethical, reports Rhodri Marsden

心理カウンセリングを受けるのを終わらせるのは大きなステップだが、もしカウンセラー(サイコアナリスト)があなたの決断を止めようとしたら?彼らが引き止めようとする際、それはとても緊張感があるし、常に理想的であるとは限らない。

Having spent six months overcoming a period of depression in private therapy sessions, Gemma felt ready to stop. But when she raised the issue with her therapist, she met resistance.

"For two months, I told her that we need to cut down or stop altogether," she says, "and every time it would be diverted into a discussion about why I'm not willing to spend £60 a week on myself." The absurdity of the situation reminded Gemma of trying to cancel her contract with Sky. She says: "I contacted them eight times. They'd tell me that changing to BT would be a bad idea; every time, I ended up saying that I'd 'have a think'."

While the Murdoch empire kept her firmly in its clutches, Gemma's therapist was unintentionally piling on the anxiety. "She would say that I was 'abandoning' the sessions and I didn't understand why she was using that kind of language," she says. "It was awful."

鬱を克服しようと6ヶ月受けてきたプライヴェイトの心理セラピィを、ジェンマはそろそろ終了しようと考え、それをセラピストに伝えた。常に、(終わらせようとしないと思われる)セラピストの抵抗にあった。

 そのやり取りはまるでケイブル・テレヴィの契約を解除するときの経験を思い出させる。違うのは、ジェンマのセラピストが、彼女の不安を増加させるような言葉を使ったこと。
 「セラピストは、私が彼女とのセッションを放棄すると表現した。私は彼女がなぜそのような言葉を使うのかが理解できなかったし、酷い気分だった」。

 記事の仲に書かれているように、クライアントが来なくなる、即収入源につながる不安というのは、何も心理カウンセラーに限ったことではない。しかし、クライアントの不安を自分たちの不安を隠す為にかき立てるのは、間違っている。以下の部分は、心理カウンセラーが常に守らなければならない業務上の基本について。

The ethical framework issued by the British Association for Counselling & Psychotherapy is clear on this issue. One of the principles emphasises "the importance of developing a client's ability to be self-directing within therapy and all aspects of life", and "the value of voluntary participation" in therapy.

"Client autonomy is absolutely paramount," says consultant psychologist Carina Eriksen. "The therapy is meant to empower them, not disempower them. A good therapist will keep a conversation going about where the therapy is going – is it benefiting the client?"

Blunden agrees. "I give guidance on how long therapy might take, but I don't require commitment. They don't even have to sit there for the entire session if they don't want to! Any pressure on a client to continue would seem to me to be exploitation; by making a decision about future sessions, you're removing a client's autonomy."


 簡単に書くと、カウンセリングはクライアントの「自主性」を高めることであって、それを低めることではない。カウンセリングによって、クライアントがどの方向に進むのかをカウンセラーは常に考えるべきであると。

 日本だけでなく、イギリスでも根強く心理カウンセリングやサイコアナリシスへの「思い込み」が残っている。典型例だと、精神分析では必ず「カウチ」に横たわらなければならない、と。カウチに横たわれば鬱が軽減するなんてことは、あるのかもしれないけど、クライアントが使いたくなければその選択を尊重しなければならない。研修時代、個人カウンセリングを受けるのは必須だった。カウンセリングを受ける方もする方も人間だから合う、合わないがある。3人のカウンセラーを経験したが、常に「絶対にカウチには横たわらない」と伝えて全く問題なかった。精神分析にはカウチが必要と科学的、論理的に証明した論文があったら読んでみたい。

 もちろん、収入は大切だけど、クライアントの人生をカウンセリング/カウンセラーが縛り始めたら、それはもはやカウンセリングではない。クライアントがカウンセリングからどのような道を進めるかを考えられるようになることが主眼におかれるべきだと思う。

関連記事
スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.