LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

カリタ・マッティラ、ゲルギエフと舞台に立つことを拒否

2014.06.26
昨日、6月25日から、ロイヤル・オペラはリヒャルト・シュトラウスの「ナクソス島のアリアドネ」を上演している。

http://www.roh.org.uk/productions/ariadne-auf-naxos-by-christof-loy

 クリストフ・ロイ演出のこのプロダクションは、アントニオ・パッパーノが音楽監督に就任して最初に指揮するオペラとして選んだ。確か記憶違いでければ、「シーズン開幕からコーラスを働かせすぎないようにしたかった」云々をこのオペラを選んだ理由の一つとして語っていた。

 シュトラウスは歌曲もオペラも大好き。その中でも「ナクソス」は最も好きなオペラの一つ。このプロダクションは初演、再演、二度目の再演を全て観ている。

2004年の再演
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-313.html

デボラ・ヴォイトの凱旋
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-798.html

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-838.html

 このオペラを再びパッパーノが指揮するとの情報を読んだとき、「これで音楽監督を退くのかな」と思ったが杞憂だった。

 で、本題。昨日、ガーディアンにマッティラのインタヴューが掲載された。

Soprano Karita Mattila: 'It's never too late for a debut'
http://www.theguardian.com/music/2014/jun/24/soprano-karita-mattila-opera-interview

 チケットがたくさん残っている「ナクソス」の販促が主題であろうに、内容はマッティラがイゾルデを歌うかどうかにシフト。そして、続く部分で、さすがだなと思った。

A debut as Isolde would find Mattila making headlines again in the way she likes – unlike earlier this year, when she found herself suddenly a figurehead for all those artists dismayed by Russian conductor Valery Gergiev's public support for Vladimir Putin. In April, Mattila was booked to sing Strauss's Four Last Songs with the Munich Philharmonic at Carnegie Hall in New York. The scheduled conductor was ill; Gergiev was brought in as a replacement. But Mattila decided they would have either her or Gergiev on stage, not both. The concert went ahead … under Fabio Luisi. Mattila is one of only a handful of singers with that kind of clout.

And there she would happily have left it – but it was already being reported in New York, so she spoke to a Finnish journalist to put her side of things on record, and his story ran in the Helsinki Times. Then it got nasty. Violent threats against her appeared on the Facebook page of a man who was standing as a candidate in Finland's European Parliament elections. A criminal investigation is ongoing, and she's understandably wary of talking about the threats. But of her decision regarding Gergiev, she says, "I did the right thing. I can look at myself in the mirror." Gergiev has been publicly supportive of Putin on many occasions: was it the situation in Ukraine or the gay rights issue that made her want to protest? "That all combined. You can argue whether politics belongs in our business, but I couldn't imagine being on the same stage. It was a reaction. I have no regrets."


 今年の4月、マッティラはニュー・ヨークでシュトラウスの歌曲を歌うことになっていた。指揮はロリン・マゼールだった。が、マゼールが病気降板して、代役がヴァレリィ・ゲルギエフになった。マッティラの選択は、彼女が歌うならゲルギエフとは共演しない、彼が振るのであれば彼女が降板するというものだったそうだ。

Global politics causes controversy at Carnegie Hall
http://www.limelightmagazine.com.au/Article/385964,global-politics-causes-controversy-at-carnegie-hall.aspx

 僕は、オーケストラを聴くのを選択しないようにしているので、ゲルギエフの指揮に遭遇したことはまだない。でも、クラシカル音楽の世界で絶大な「人気」と「勢力」を保持するゲルギエフと対峙するマッティラの心意気は素晴らしい。最悪、干されてしまうことだってあり得るのではないか。

 レヴューも良さげだし、観に行くのが楽しみ。

関連記事
スポンサーサイト
Songs    Comment(0)   ↑Top

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.