LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

VIRGINIA WOOLF: ART, LIFE AND VISION@ナショナル・ポートレイト・ギャラリィ

2014.07.09
スクリーンショット 2014-07-09 12.43.38
(ヴァージニア・ウォルフとT.S. Eliot、NPGから拝借)

熱心なファン以外には、ヴァージニア・ウォルフと言えば、「ダロウェイ夫人」、「灯台へ」、そして「波」だろうと勝手に一般化する。大昔、「灯台へ」を読まなければならないことがあって、ペイジをめくるのが辛かったことしか記憶にない。

 で、ウォルフの業績、生活を俯瞰する展示が、トラファルガー広場に隣接するナショナル・ポートレイト・ギャラリィ(以下、NPG)で始まる。

http://www.npg.org.uk/whatson/virginiawoolf/home.php

 以下、プレス・リリースの一部から。

Despite her Victorian upbringing, Woolf was determined to establish new forms of creative writing and criticism. In 1905, Woolf and her sister Vanessa Bell began to host weekly gatherings held at 46 Gordon Square, which led to the development of the Bloomsbury group of writers, artists and intellectuals, of which the sisters were central figures. The group included notable names such as John Maynard Keynes, Roger Fry and Lytton Strachey. In 1912, Woolf married Leonard Woolf and together founded publishing company the Hogarth Press in 1917.

In 1910 and 1912 Roger Fry brought French Post-impressionism to London and introduced England to modern art. From then on Woolf’s development as a modernist writer was to an extent influenced by her thinking about painting. In her novels, she demolished accepted conventions and transformed ideas about structure, plot and characterisation. In her most notable novels Jacob's Room (1922), Mrs Dalloway (1925), To the Lighthouse (1927), and her most experimental novel The Waves (1931), Woolf pioneered the 'stream of consciousness' style of writing. To this day, Woolf's work continues to inspire contemporary authors and has been adapted for both screen and stage.

The exhibition also considers Woolf’s political awareness, which was particularly prominent during the Spanish Civil War. In her book Three Guineas, published in 1938, Woolf asks “What can we do to prevent war?”, and she supported fundraising events for those affected by the Spanish Civil War. The exhibition includes one of Picasso’s Weeping Woman drawings which he created specifically for a fundraising event at the Royal Albert Hall, at which Virginia and Leonard Woolf sat on the platform.

From the age of thirteen, Woolf suffered from bouts of mental illness. In 1941, at the relatively young age of fifty-nine, Woolf committed suicide. The letter that she wrote to Vanessa Bell, shortly before she died, is held in the British Library's Manuscript Collection and is on rare public display as part of the exhibition.


 展示の説明を読んで驚いたのは、先日テイト・モダンで観てきたアンリ・マティス(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2262.html)との接点があったこと。また、カウンセリングのコースで数年通ったゴードン・スクゥエアが、ウォルフの晩年の生活の場であったこと。そして、フロイトとのつながり等々。

 もう一つあった。未読、というか存在すらしなかった「オルランド」という小説について言及している解説で、「オルランド」はシッシングハースト・ガーデンで知られているであろうヴィータ・サックヴィルとの友情から云々と書かれていた。ヘーと思うと同時に、つながりなんて考えてこともなかった近代イギリス史の人々の人生が重なることが面白い。

シッシングハースト・ガーデン、2013年
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157634872344131/

 個人的にもっと知りたいのは、ウォルフの政治的スタンス。彼女がスペイン内戦に反対した事実を知らないどころか、彼女がそのような政治的な活動をしていたことに驚いた。戦争に覆い尽くされた21世紀の世界を、彼女はどう見るだろうか?

 展示の中で特に貴重なのは、1941年に自らの命を絶ったウォルフが姉のヴァネッサ・ベルに宛てた最後の手紙。この手紙、大英図書館所蔵で普段は観られないようだ。

 10月26日まで。19世紀末から20世紀にかけてのイギリス文化のダイナミックなうねりに興味がある人は、同じくNPGで10月16日から始まるウィリアム・モリスの展示(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2233.html)をあわせて観るのも面白いだろう。両者とも、政治的にリベラルというのが僕には特に興味深い。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

情報感謝です - レイネ

NPGでのヴァージニア・ウルフ展に関する情報ありがとうございます。次回のロンドン遠征の楽しみが増えました。
3月にNPGに行ったら、丁度ベンジャミン・ブリテンに関する小展覧会に遭遇し、ラッキー!
モリス展は、10月初旬の遠征時にはまだ始まっていないのが残念です。
2014.07.09 Wed 12:35 URL [ Edit ]

- 守屋

レイネ さん

 小さな展覧会ですが、解説をじっくり読みながらだと1時間はたっぷり楽しめると思います。僕は、マン・レイが撮影したウォルフの肖像写真が好きです。
2014.07.09 Wed 12:53 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.