LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

輝く夏の空の下、輝く庭を歩く

2014.08.03
photo(1).jpg
(Polesden Lacey、友人が撮影。僕にはこんな芸当はできない)

ネットからも新聞からも離れたくて、友人に頼んでナショナル・トラストの庭を歩いた。最初に行ったのは、シェフィールド・パーク&ガーデン

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157645737413707/

 庭は期待していたよりもずっと小さかった。友人にあわせてゆっくり歩いても1時間半で回れるほどの規模。広大な公園の方に行く気分にはなれなかったが、庭は幾つもの人工の湖が配置されていて新しいカメラの練習には好都合だった。この庭には、とても人気のあるブルーベル鉄道を利用すれば車が無くてもロンドンから訪れることができるのでお勧め。

 次に訪れたのは、友人の家の近くにある、Polesden Lacey

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157645743421660/

 広大な庭を、ただただ、歩いた。庭を愛で、そして生きていられる幸福をかみしめながら。

 元気貰ったし、また明日から元気いっぱい、怒るぞ、と。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.