LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

知覧で鹿児島とイギリスの歴史を学ぶ:薩摩英国館

2014.10.01
スクリーンショット 2014-10-01 14.53.56
(薩摩英国館、2014年9月8日)

 知覧特攻平和会館のことを調べていた時に、他の観光施設として「薩摩英国館」という名前を見つけた。鹿児島とイギリスの間に関連性を見いだせなかったので、ウェブを観ても皆目見当がつかなかった。そのあともいろいろと検索していて、「生麦事件」のことを知り(受験は日本史を選択しなかった)、興味が高まった。

http://www.satsuma-eikokukan.jp/index.html

 当初の計画では、特攻平和会館の見学を終えてから、薩摩英国館までは歩くつもりでいた。観光案内の女性に歩くつもりですというと即座に、「それは止めてください」と優しく諭された。が、歩くつもりでいた。

 知覧を訪れた日は、僕にはとても暑く、且つ特攻平和会館の展示をじっくり読んですっかり疲労困憊してしまったので歩いて行くのは諦めた。運良くローカルバスが来たのでそれに乗ったのだが、正解。特攻平和会館から薩摩英国館までの距離はかなり有る。

 最終のバス停を降りてのんびり歩きながら橋を渡り始めると、突然、左手にロンドン・ダブルデッカー・バスの「27」番が視野に飛び込んできた。ウェブでこのバスがあるのは知っていたが、やはり本当にあるのを観ると心地よいような、また懐かしい違和感を感じる。あとで伺った話によると、志布志湾まで運ばれてからここまで走ってきたそうだ。きちんと手入れがされていて、今でも走ることができるとのこと。

 訪問した日は、副館長の田中真紀さんと話すことができた。館の歴史や展示物の内容を詳しく聞くことができて、鹿児島とイギリスの間の歴史を学べるとてもよい訪問になった。田中さんによると、時折、イギリスから歴史の実地調査をかねて訪問客があるそうだ。

スクリーンショット 2014-10-01 14.53.31
(副館長の田中さん)

 展示を観終わってから、カフェでお茶。メニューの中にラプサン・スーチョンを見つけた時は驚くと同時に、この美術館の取り組みがとても真面目であることを改めて感じた。東京ですら、ラプサンを見つけることはほとんど稀。田中さんと紅茶の話をしていた時、知覧でイギリス西部、コーンウォールのトレゴスナン紅茶のことを普通に話せることにも、正直、とても驚いた。田中さん、とても詳しく調べられている。

 ラプサン・スーチョンを試そうと思ったのだが、イギリスで賞を獲得した「夢ふうき」を頂く。

http://www.satsuma-eikokukan.jp/yumefuki.html

 僕は紅茶の専門家ではないが、とても美味しかった。暑さを差し引いても、東京で飲む紅茶よりも遥かに美味かった。

 知覧は、おそらく鹿児島市内からでも遠く感じるのかもしれないが、薩摩英国館でイギリスを感じるのは楽しい体験だと思う。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157648190255896/

関連記事
スポンサーサイト

Comment

- ハマちゃん

守屋さんと私は東京での行動範囲が真逆のエリアだったせいもあるのかもしれませんが、私は東京時代、割とラプサンスーチョンはあちこちで見かけていました。
(二子玉川とか自由が丘とか、大雑把に言うと東急エリア)

トレゴスナン茶というのは初めて聞きました。
そういうのがあるんですねー。

トップの写真が素晴らしいです。

ところで、生麦事件って、私も高校で日本史は選択してないんですが学校でやった記憶はあるので、中学校でやってないかな…?
私も日本史は怪しい、もう、めちゃくちゃですが、渡英してから日本と英国の「こんなとことあんなとこが繋がってたんだ?!」と驚くこと色々あります。
2014.10.01 Wed 20:08 URL [ Edit ]

- 守屋

ハマちゃん さん

 トレゴスナンはこれです。

https://tregothnan.co.uk/

 イングランド国内で作られている紅茶で、確か日本にも輸出されているはずです。

 生麦事件は、「なまむぎ」と言う響きに緊張感が感じられなくて、歴史の中の重大事件という認識を持てないんです。仰るように、日本とイギリスの間には、けっこういろいろなつながりがあって面白いです。

 それはやはり東急エリアだからでしょう。僕が東京で見かけないというのは銀座などのカフェ、また、外国人宿泊客が多いであろうホテルのティー・ルームやラウンジでも見かけないです。一般受けする香ではないだろうとは思いますが、暑い東京だと、ミルクティーよりラプサンの方がすっきりすると思います。
2014.10.01 Wed 20:27 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.