LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

知覧特攻平和会館

2014.10.01
スクリーンショット 2014-10-01 18.11.36
(知覧特攻平和会館、2014年9月8日)

今回の帰国中、日本を見て回る旅行の最も大きな目的は、知覧特攻平和会館に行くこと。

http://www.chiran-tokkou.jp/index.html

 感想を日本語で書けると思っていたのだが、まとまりがなくなりそうな気がするので、帰国中にイギリスの友人達に書き送ったことを。

In Kagoshima, Kyushu island in Japan, there is the Chiran Peace Museum. If you do not need to know about the part of the history of WW2 in Japan, better to stop here.

http://www.chiran-tokkou.jp/english/index.html

I can't remember when I heard about this museum. My initial reaction was that it must be a place for those who glamorise and worship the war criminals. A few years ago, however, I came to know that many Japanese visitors voted this museum as one of the must see museums in Japan. So, I checked what they are. They mainly display the letters and the last poems which were written by the young pilots who were forced to attack the American war ships in Okinawa at the end of WW2. When the pilots flew from Chiran, the fuel tank of their zero plane was half full.

I guess some of you may have seen The Wind Rises by Mr Miyazaki Hayao. At the very end of the movie, the main character, who created zero plane, said that none of the zero war plane pilots came back. These words really encouraged me to visit this peace museum in order to know who the pilots were.

According to the museum, the ages of the pilots were mainly from 18 to 26yo. Some of the letters were written to their parents, some to their younger siblings and to their grandparents. They simply demonstrated their deep thanks to their mothers and fathers and sorry for them because they would leave them alone.

Some of the pilots asked their sisters and brothers to take care of the parents on behalf of them and to be good citizens for Japan. Although the pilots knew they could not come back or they were not allowed to come back, they did not blame anyone, but themselves because they could not take care of their family.

You know a Japanese word, Kamikaze, in Japanese, God Wind.

I do absolutely hate this word because foreign media tend to use this word when they fail to analyse why the Japanese seem to kill themselves. If the pilots had been with God, they should not been forced to kill themselves. They did not commit suicide. They were not given any choice, but to kill themselves.

The pilots were never blessed by God, but they were absolutely blessed by their family.

The pilots were not war mongers. Some of them had just got married, some had their first baby, or knew they would be a father although they did clearly know they could not hold their baby. They were ordinary people.

I did not cry when I was reading the letters because I could not cry. I absolutely felt numb. Since my visit, I am really concerned what the current Japanese cabinet will do.


I must be calm down here and I think the similar type of war tragedy could happen in many countries. What I would like to tell you is that I believe the pilots were the different type of the victims by the war.

Thank you for reading this, I just want you to know about this part of the Japanese history.

Koji

PS
If some of you are interested in visiting this museum, please let me know in advance. Even for me, it was pretty difficult to get there. The connection between JR trains and the local buses is complicated. Furthermore, after you catch a local bus, you would become afraid of where this bus is going to. I was worried whether I got a wrong bus or not.


 ここを訪れ、「生き心地のよい町」を読んで(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2323.html)からずっと考えていることがある。江戸時代までは、一般の日本人のどれくらいが自殺をしたのだろうか、ということ。

 誰かが既に調べていることだとは思うが、仮に江戸時代までは自殺率が低かったとしたら、日本はどこで間違った角を曲がってしまったのか。逆に、江戸時代もまた自殺率が高かったとしたら、どうしてそれを日本は改善できないのか。

 「知覧特攻平和会館」を訪れることができて良かった。未だに言葉にできない多くのことを学ぶことができた。

 ここを訪問しようと考えている方には、車で行ければその方がかなり楽だと思う。鹿児島中央駅から指宿線を利用して喜入まで行くのは比較的簡単。が、喜入から知覧へのローカルバスの接続は、便利とは言いがたい。喜入駅では、駅舎からバス停まで徒歩5分くらいは良いとして、どちらの方向に行くバスに乗るべきか、おそらく迷うだろう。また、喜入と知覧の間は、未開ではないのだが、こんな山奥の先に本当に知覧はあるのだろうかと思うほど、山奥を走る。ま、だからこそ戦時中、軍が利用したのだろう。

 僕は、鹿児島へ戻る時はバスで指宿へ移動した。これがまた予想以上に時間がかかった。しかし、指宿から喜入の間、電車から観られる海岸線の風景は旅情を高めてくれる。指宿といえば、川原泉さんの「愚者の楽園」。鹿児島から戻って来てから読んだ。何度読み返しても面白い。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

- ハマちゃん

読みながらジワっときてしまいました。
自分が行ったときは、若過ぎたのもあって、そういう「重さ」が辛気くさくて見る気にもなれず出てきてしまった。
受け止めるだけの器量が無かった。

今こうやって読むと、そんな若い人たちが、なんと健気にただ運命としてそんな異様なことを受け入れていたことか、淡々と家族を思い、後のことを心配して身内に託していく様子、胸が痛みます。
私が知覧特攻平和会館を訪れた年齢が、特攻隊員達の年齢くらいだったのか、と思うと、今更ながら衝撃です。
(私は当時19歳だったかな)

神風、を、God Windと訳すのは、やはり意味は違ってきますよね…。
神道で考える「神」はクリスチャンなどの一神教の神とは全く別もの、神の為に神に祝福されて死ぬとかいう解釈は違うと、私も思います。
神風が吹く、という言葉は、逆境で大どんでん返しが起こる、奇蹟のようなことを、普通は言うと思ってるんですが。
それをGod Windって、なんだか相当ズレた解釈になってしまわないか、と。
2014.10.01 Wed 20:16 URL [ Edit ]

- 守屋

ハマちゃん さん

 僕も、今の年齢だから行きたいと思ったのだろうと感じています。若い時に訪れても感じることはあるでしょうが、僕には良いタイミングでした。

 イギリス人の友人達に送って届いた返信の一つで、「I am stills little lost as to why the zero pilots were expected to act in the way they did by the authorities? 」、と言うのがありました。僕には答えは無いです。

 イギリスのメディアやネットでよく見かけるのは、kamikaseはharakiriと一緒に使われるパターンです。その場合、ハマちゃんさんが仰る、「逆境で大どんでん返しが起こる、奇蹟のようなこと」という意識は彼らにはないであろうし、あるのは「自殺=日本人」です。僕個人の意見ですが、洋の東西を問わず、「神」を持ち出す時は、ろくなことではないと思っています。
2014.10.01 Wed 20:45 URL [ Edit ]

管理人のみ閲覧できます -

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.10.27 Mon 14:51 [ Edit ]

- 守屋

コメントをくださった方へ

 僕が知覧に行きたいと思い始めたのは、太平洋戦争のことを何も知らないと感じ始めたからというのがあります。市井の人々がどのように戦争に巻き込まれてしまったのかを知ることは、世界中で戦争が起きている「今」、大切なことだなと感じた次第です。

 遠かったですが、機会を作って再訪できればと思っています。
2014.10.29 Wed 11:06 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.