LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

奈良美智@Dairy Art Centre, London

2014.10.16
スクリーンショット 2014-10-16 9.30.31

10月3日から始まった奈良美智さんの展覧会を観てきた。

http://dairyartcentre.org.uk/

 彼の作品は、ロッキング・オンのサブカルチャー雑誌で頻繁に目にしていたが、今回のようにたくさんの実物を目の当たりにするの初めて。とても面白かった。ファイナンシャル・タイムズが取り上げるくらいだから、現代アートの先頭を走る一人であることは確実。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157648758874256/

 ギャラリィに展示されているペインティングの多くは、2012年以降に製作されたもの。今回の展示で話題なのが、2011年以降に製作を始めたらしい彫刻作品と、1984年から2013年の30年間の素描を200点以上も展示していること。

 ペインティングの中で特に惹きつけられた一つは、「Wish World Peace, 2014」。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/15573897431/

 大して日本の現代アートについて知りもしないで勝手に偏見を作り上げていたのだが、日本の現代アートは世界で売れていても、世界の「今」と強くつながっているとはあまり感じない。近づくと、女の子の目に涙が浮かんでいるように見えるこの絵からは、奈良さんのメッセイジなのかなと。もう一つは、2014年の「No Means NO」。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/15552815576/

 ギャラリィで観た時は、目が隠れていた異質な感じをまず持った。でも、眺めていると、NOと言葉にすることがどれほど難しいかを切なく、そして暖かく描いているように感じてきている。

 12月7日まで。ロンドンにいる人は、是非。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.