LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

現実と思い込みの間の激しい「差」

2014.10.29
今日のガーディアンにとても面白い統計調査の結果が掲載された。

Today’s key fact: you are probably wrong about almost everything
http://www.theguardian.com/news/datablog/2014/oct/29/todays-key-fact-you-are-probably-wrong-about-almost-everything

 日本と韓国を含めた14の国で、例えばムスリムの人口比率の実数と人々が思っている数字、10代の出産率の実数と人々が思い込んでいる数字の差について。

スクリーンショット 2014-10-29 11.31.00
(それぞれの国におけるムスリムの比率)

Britons overstate the proportion of Muslims in their country by a factor of four, according to a new survey by Ipsos Mori that reveals public understanding of the numbers behind the daily news in 14 countries.

People from the UK also think immigrants make up twice the proportion of the population as is really the case – and that many more people are unemployed than actually are.

Such misconceptions are typical around the world, but they can have a significant impact as politicians aim to focus on voter perceptions, not on the actual data.


 イギリス人は、国内のムスリム人口を4倍も多く見積もっている。また、移民の総数や、失業者数も実際の数よりも多いと考えている。このような見当の違いは他の国でも見られること。しかし、このような見当違いは、特に政治家にとって、投票者の意識を知る上で重要な要素になりうる。
 
 僕の日常では、ムスリムが半分以上なので、5%というのはとても信じられない数字。しかし、先週訪れたノーフォークの小さな村では、ムスリムの姿は皆無だったことを考えると、イギリスでは、どこに住むかによって自分が暮らす環境を作り上げている人種がどのようなものかの意識は大きく変わるのだろうと思う。

スクリーンショット 2014-10-29 11.31.57
(クリスチャンの実数)

 オーストラリアにこんなにたくさんのクリスチャンがいるなんて考えたこともなかった。考えられる一つの理由は、欧州のキリスト教徒が多い国から移民が多いからなのかなと。

スクリーンショット 2014-10-29 11.32.07
(移民が占める割合)

 国の大きさを考えると、イギリス国内の移民割合の実数が13%というのは大きいと感じる。

 このような統計が面白いと感じるのは、ある国で暮らす人々にとって前向きなことが他の国ではネガティヴに捉えられるということ。

Yet a study by the German Marshall Fund from 2013 found that 64% of people in the UK see immigration as a problem compared to 29% who see it as an opportunity.

In Germany those numbers flip almost perfectly, with just 32% seeing immigration as a problem compared to 62% viewing it as an opportunity.


 ドイツの調査機関が行った意識調査では、イギリスでは6割以上の人が移民を問題だと捉える。しかしドイツでは、移民は(自国にとって)よい機会だと考える人が6割以上もいる。

 記事の最後にあるように、このような見当違いを政治家が「正しい情報」として扱う危険性を、選挙民も自覚しておくべきだと思う。

The real peril of these misperceptions is how politicians and policymakers react. Do they try to challenge people and correct their view of reality or do they take them as a signal of concern, the result of a more emotional reaction and design policy around them?

Clearly the ideal is to do a bit of both – politicians shouldn’t misread these misperceptions as people simply needing to be re-educated and then their views will change – but they also need to avoid policy responses that just reinforce unfounded fears.


関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.