LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

パディントン・ベア@ロンドン

2014.11.16
DSC02175.jpg
(パディントン駅)

映画の宣伝の一環とはいえ、ロンドンに縁のあるパディントン・ベアがたくさん出現しているということで、ちょっと追いかけてみた。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157649256681486/

DSC02220.jpg

 当初は、「50体、制覇するぞ!」と意気込んだが、今朝の3時間で充分。近隣のパディントン周辺、またウェスト・エンド周辺はまだしも、西はヒースロー空港にスタンフォード・ブリッジ、東はベスナル・グリーン、南東部のグリニッヂへ、クマの写真を撮る為だけに行くにはモチヴェイションが低いし、全てのエリアを一日で回るのは不可能ではないけど、一日がかり。

 書くのを忘れていた。現在、Visit Londonでは豪華なロンドン・トリップ獲得キャンペインが行われている。

http://www.visitlondon.com/guest/entry-guidelines?locale=en_GB

 応募できる国が限られていて、残念ながら、日本からは応募できない。また、ロンドン在住者も駄目。が、ロンドン以外のイギリス在住者や、アメリカ、フランス等の該当の国にすんでいる人は応募可能。日本もこれくらい太っ腹なことをやれば良いのでは。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

パディントンの声 - レイネ

パディントンのコーヒーカップ、6個ほど持ってます。すごく丈夫で20年毎日ガンガン使って食洗器に入れても平気なので、ちょっと飽きてきたほど。
今度のロンドン遠征では、どこかで少なくとも一体にはあいさつしたいと思います。だって、映画のパディントンの声担当は、当初予定されてたコリン・ファースからわたしの一番好きなイギリス人俳優のベン・ウィショーに夏頃変わったんです!だから、映画も楽しみなんですが、ベンの声のパディントンって想像しにくい。。。。
2014.11.16 Sun 17:40 URL [ Edit ]

- 守屋

レイネ さん

 ベン・ウィショーのパディントン・ベア、コヴェント・ガーデンにあるようです。

http://www.visitlondon.com/paddington/bear/39602994-special-delivery

In the new Paddington movie, everyone's favourite exploring bear arrives into London's Paddington station in a sack full of mail, having travelled from Darkest Peru as a stowaway in a ship's lifeboat. The perfect person to design this unique statue is the actor, Ben Whishaw, who lends Paddington his voice for the movie.

Ben's creation, Special Delivery, is a very rare bear; a true one of a kind. Extraordinary actors, much like extraordinary bears, aren't found on every street corner of London. This is why the West End is the best location to reveal such a unique bear-and-actor combination, especially as Ben himself has previously performed at the Noël Coward Theatre not too far from this very location.


 これは他と違っているので、僕も写真を撮りに行くつもりでいます。
2014.11.16 Sun 18:02 URL [ Edit ]

なんと! - レイネ

まあ、なんとまあ、コヴェントガーデンにベン・ウィショーがデザインしたパディントン・ベアがあるとは、あまりにうれしい偶然!絶対にツーショット撮らなくちゃ!ご教示ありがとうございます。
2014.11.16 Sun 18:22 URL [ Edit ]

- 守屋

レイネ さん

 コヴェント・ガーデン側のオペラ・ハウスの入り口にも一体あるので、少なくとも2体は観られると思います。
2014.11.16 Sun 18:45 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.