LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

耳たぶ修復手術が激増(リンク記事の始めとポストの最後に、ちょっと驚く写真あり)

2014.11.16
もう一つ短く、健康関連(のはず)のニュース。2週間ほど前のオブザーヴァ紙に掲載された記事で、個人的にはとても興味を惹かれた。なぜなら、記事が取り上げている、耳たぶを拡張している大きな飾りを生理的に、且つ心理的にどうしても受け入れられない。

Big increase in surgery to mend ‘flesh tunnel’ earlobes
http://www.theguardian.com/lifeandstyle/2014/oct/19/cosmetic-surgeons-repair-stretched-earlobes

After seven unsuccessful job interviews, 24-year-old Luke Clark began to think something other than his CV was playing havoc with his job prospects.

Potential employers didn’t seem to like the 4cm “flesh tunnel” holes he had in each ear as much as he did.

Clark had begun stretching his lobes at university several years earlier, and the problem was that when he took the plugs out his stretched earlobes looked terrible.

 7回連続で仕事の面接に失敗した24歳のルーク・クラークは、履歴書以外に問題があるのではないかと考え始めた。思い至ったのは、直径4センチになる彼の耳たぶの穴が雇用側には受け付けられないのではないかと。大学の時に広げ始めた耳たぶの穴は、プラグを外すと広がった穴はとても醜悪だ。

Now one of the fastest-growing cosmetic procedures in the UK is repairing stretched earlobes.

The piercings are created either by gradually placing a cone-shaped taper into the ear and pushing it through a little more each day, or by having larger-sized tunnels placed into a pierced ear every few weeks to slowly widen the hole. Once the holes stretch past 1.5cm in diameter, the earlobe will never spring back to its original shape.


 現在、最もはやっている美容形成の一つは、広がった耳たぶの修復。次第に広げて行く耳たぶの穴が直径1.5センチを超えると、耳たぶは自然には戻らなくなる。

Cosmetic surgeon Adrian Richards, a clinical director at Aurora Clinics, has pioneered a technique to repair stretched earlobes. He sees at least 10 new patients a month for the operation, which is performed under local anaesthetic and takes about 30 minutes. But, at £1,800 for two ears, it’s not cheap.

“There’s a lot of negativity around about ear-stretching,” he says. “We recently treated a golf professional who was joining the PGA [Professional Golfers’ Association]. They wouldn’t let him join with stretched ears. I’ve treated a man who was in a punk band but then became a teacher and needed his ears repaired. We even had a soldier on Wednesday who had 2cm tunnels in each ear.


 専門の医師のもと、両耳の修復手術には£1,800−かかる。医師によると、広げた耳たぶの穴へは多くの否定的なことが伴う。最近では、プロゴルファー協会への加入を断られらゴルファーの耳たぶや、かつてパンク・バンドに所属し、現在教師である男性の耳たぶを修復した。

 社会の反応は別にして、僕はこの大きな穴飾りを目の当たりにすると、胃がひっくり返るような不快感に速攻で襲われる。小さなピアスは良いとして、あのような人工物を不自然に体を作り替えてまでというのが駄目。同じく、唇のピアスも駄目。
 カウンセラーの研修機関で、クライアントへのカウンセリングを始める前に、対応が難しいかもしれないクライアントはいるかどうかを訊かれた。なので、この唇のピアスは駄目、何故なら精神分析で何か深層心理に理由がああるのではないかとか全く関係なく、単に身体的な不快感をどうしてもコントロールできないと伝えると、受け入れてもらえたのは本当に安堵した。カウンセラーが不快感を抱えたままでどうやってカウンセリングできるのか、という自明。

stretched-ear-lobe-pierci-011.jpg
(ガーディアンから拝借)

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.