LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

猫だって友達が欲しい;猫から学ぶリレイションシップの複雑さ

2014.11.16
スクリーンショット 2014-11-16 21.31.40
(左がKK、右がNN)

 大家の2頭の猫、KK(17歳)とNN(13歳)は相変わらず仲が良くならない。NNは仲良くなりたいようなのだが、KKは絶対に受け入れようとしない。ここ数日、ソファの上で寛いでいるKKに、NNが盛んに近寄っている。と言うことで写真をもとに「男女」の物語にしてみた。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157646928963764/

 クスリとしてもらえれば、NNも嬉しいと思う。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

- ハマちゃん

いやいや、これは劇的な進歩ですよ!
ここまで来ただけでも凄い。
仲良しにまでなれなかったとしても、同居人(猫)として認め合うところまではきた感じがします。
2014.11.19 Wed 15:53 URL [ Edit ]

- 守屋

ハマちゃん さん

 確かに、進歩だと思います。でも、微妙にすれ違っているしっぽの向きから察するに、まだまだドラマはありそうです。僕としては、2頭が一緒に僕の膝の上に座ってくれる日を夢見ています。
2014.11.19 Wed 17:25 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.