LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

プレガルディャン父子競演リサイタルが来週、ウィグモア・ホールで

2014.11.18
ThePregardiens.jpg
(ウィグモア・ホールのウェブから拝借)

来週の木曜日、11月27日に、ウィグモア・ホールでドイツ人歌手、クリストフ・プレガルディャンと彼の息子、ユリアンとの競演リサイタルがある。タイトルは「父と息子」。

http://www.wigmore-hall.org.uk/whats-on/productions/christoph-pregardien-tenor-julian-pregardien-tenor-michael-gees-piano-35907

Performers
Christoph Prégardien:tenor

Julian Prégardien:tenor

Michael Gees:piano

Father and son, Christoph and Julian Prégardien, share the stage for a recital rooted in the romantic realms of folksong, legend and love.

Their programme, featuring many songs specially arranged for two voices, includes four works by Friedrich Silcher, a near contemporary of Schubert who was celebrated during his lifetime as a Lieder composer and collector of German folksong.


 この父子競演、大陸では2年前に各国を回っていた。イギリスでは、エジンバラの国際フェスティヴァルには参加したけど、ロンドンには来てくれなくて、リートの人気が凋落気味のロンドンではこの父子競演は観られないと諦めていた。と言うことで、これを見つけた時は乱舞。

 が、リサイタルまで1週間なのに、まだ席が半分くらい残っている。父プレガルディャンのファンとしては、これが売れてくれないととても困る。彼がシューベルト、シューマン以外を歌うことはロンドンではほとんどあり得ないので、お時間のある方、是非、お運びください。

関連記事
スポンサーサイト
Songs    Comment(0)   ↑Top

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.