LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

映画「Paddington」、保護者要同伴映画に指定される

2014.11.19
スクリーンショット 2014-11-19 10.29.50
http://www.visitlondon.com/paddington/

11月28日に「Paddington」と言う映画が公開されるというニュースを読むまで、実は、パディントン・ベアについては何も知らなかった。ペルーから来た設定とか、ロンドンで巡り会う家族がブラウンという名前であるとか、更に、作者のマイケル・ボンドという方で存命中であることを今回、初めて知った。

 で、88歳のボンドさんが大変驚いているのが、映画「Paddignton」が保護者要同伴に指定されたという事実だけでなく、その理由が子供にとって不適切な表現、言葉があるということ。

Paddington Bear film given PG rating
http://www.theguardian.com/film/2014/nov/18/paddington-bear-film-parental-guidance-pg-rating

'Unsuitable' film rating shocks Paddington writer as bear is deemed a danger to youngsters
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2838726/SEBASTIAN-SHAKESPEARE-Unsuitable-rating-shocks-Paddington-writer.html

It cites examples of ‘dangerous behaviour, mild threat, mild sex references and mild bad language’ in its justification for not awarding the film, in which Ben Whishaw voices the marmalade-loving creature, a Universal certificate.

This has upset Paddington’s creator, Michael Bond, who tells me: ‘I’m totally amazed.’ The 88-year-old author is due to see the film tomorrow and was not consulted over the screenplay, but is stunned to hear that it contains ‘mild bad language’.

He says: ‘I’d be very upset. I might not sleep well tonight. I can’t imagine what the sex references are. It doesn’t enter into it with the books, certainly.’


Homicidally ever after: did Paddington really need a murderer?
http://www.theguardian.com/film/2014/nov/10/kids-films-villains-paddington

 映画内の暴力表現を頭ごなしに否定するつもりは無いが、原作が子供向けの物語に原作に無い暴力を入れる必要は無いと思う。

 ガーディアンの読者コメント欄をざっと読むと、「グリム童話だって同じだ」という意見があるし、このような意見は当然出てくると思う。が、他のコメントで、「原作では、読者(子供)の想像力を活かせるように、パディントンの物語にはたくさん空白(要するに語りすぎていないという意味)がある。暴力表現はそれを無視している」という意見が、的を得ていると考える。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.