LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

(おそらく世界最終公演)セイクレッド・モンスターズ@SWT、2014年11月29日

2014.11.30
スクリーンショット 2014-11-30 19.05.08
(2014年11月29日、カーテン・コール)

11月27日の公演が、アクラム・カーンの怪我で中止になった「セイクレッド・モンスターズ」。どうなるのかと思ったら、28日、そして最終日の29日は上演された。最終日の29日を観てきた。

 サドラーズに到着すると、どこかの学校の生徒が大挙して大型バスで到着した所だった。ギエムの引退発表で完売になった今回の公演だが、チケット発売当初はけっこう余っていた。終演後、多くの学生がサドラーズの外壁のポスターと自分撮りをしていた。

 サドラーズの公演にしては珍しくなかなか始まらなかった。カーテンの向こうで人々が動き回っている音が聞こえたので、カーンの怪我の為に微調整が必要なのだろうと思った。ちなみに、サドラーズから届いたリマインダー・メイルでは、29日の上演時間は60分。初日の案内では75分だったので、カーンへの負担を減らす為に何らかの短縮があるのだろう。

 でも、始まってみると、どこを怪我したのか判らないほど、動きはスムース。ただ、回転する時にかかとを浮かしているような印象を持ったこと、そしてカーン自身のダンスの合間に舞台の袖で両膝にサポーターを装着したので、関節への負担だろうかと。

 観ているうちに面白く感じたのは、この「セイクレッド・モンスターズ」を観るのがまるで初めてのように思われて来たこと。どの部分が短縮されたのかは、正直、よく判らなかった。観ているうちに、とても新鮮な気分が湧き上って来るのを感じるのはなぜかと思いつつ、僕自身がこの舞台を楽しんで観ているからだろう。踊っているギエムとカーンからは、彼らも踊りを楽しんでいるのを鮮烈に感じた。

 照明が落ちると、観客の興奮は初日以上。出演者も皆、とても嬉しそうだった。ギエムはいつものように満面の笑顔。カーンとの熱いハグは、踊りきったことの嬉しさかな。

 アクラム・カーン・カンパニィのウェブを観ると、この後、「セイクレッド・モンスターズ」の更なる上演予定は、現在、入っていない。シルヴィ・ギエムは、来年の3月から始まる引退公演、「Life in Progress」に集中するだろうから、よほどのことが無い限り別の演目を踊るかどうか。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/sets/72157649064890729/

 ギエムの引退によって、しばらく、もしかしたら二度と踊られることが無い振り付けがあるかもしれない。自分の「引退」によって、「過去」になってしまうかもしれない振り付けがあることを、ギエムはどう思うのだろうか。

 2015年5月のサドラーズでの「Life in Progresshttp://www.sadlerswells.com/whats-on/2015/sylvie-guillem/)」は、既に完売。しかし、サドラーズもこの演目に関しては企業の為に席をホールドしている節があるので、ロンドンで観たい方は、こまめにチェックすれば、もしかしたら。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.