LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

Charity does not start at home in Japan:厚遇されるアメリカ軍人、無視される日本人

2014.12.13
今日、友人から届いた怒りのメイルは、在日アメリカ軍人の同性婚の配偶者は、ヴィザなしで日本に入国できるようになっているという事実。

スクリーンショット 2014-12-13 21.39.52

 友人が教えてくれくれた情報ソースは個人のサイトだったので、検索してみて見つかったのが上記のライヴドアのニュース(http://blog.livedoor.jp/akira_nakamura1120/archives/36010409.html)。この情報元の読売のリンクは既に検索できなくなっている。何故だろう?圧力?自主規制?

 日本国内では同性婚を認めていない、性的少数の人々のことは何も考えていないらしい自民党は、どうしてアメリカ軍人の同性婚の配偶者をこれほどまでに厚遇するのだろう?

 この件だけではない。日本国内に住む日本人で、行政が援助すべき、しなければならない人々への援助は全く進まない状況で、どうして?アメリカ軍だからか?

 個人的に、絶対に使いたくない表現だったのだが、戦後70年になろうとして、日本はまだアメリカ「軍」に隷属しているのか?

 大寒波で投票所に行く為に外出するのはとても寒いかもしれないですが、このような国による日本人への不平等をなくす為に、投票しましょう。

関連記事
スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.