LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

The Mad Hatter's Tea Party@Linbury Studio Theatre

2014.12.17
スクリーンショット 2014-12-17 22.01.15
(ロイヤル・オペラ・ハウスのフリッカァから、https://www.flickr.com/photos/royaloperahouse/sets/72157649293564589/

願いもむなしく、今年のクリスマス・年末シーズンのリンベリィは新作の「The Mad Hatter's Tea Party」。

http://www.roh.org.uk/productions/the-mad-hatters-tea-party-by-various

ZooNation burst onto the stage with their family Christmas show, a wonderfully wacky take on the madcap characters of Lewis Carroll's Alice's Adventures in Wonderland.

物語
Young psychotherapist Ernest has just started his first job, at the Institution for Extremely Normal Behaviour. He's assigned to the patients in West Wing Ward W – all of whom claim to come from a place called Wonderland. Ernest disrupts the ward's never-ending tea party to insist on a 'T for Therapy’ party, which no one may leave until they're all properly normal.

But slowly and surely, as the tea party goes on, Ernest seems to become more and more like the inmates he is meant to be treating.


バックグラウンド
ZooNation creates irresistible narrative hip hop dance theatre and has won nationwide acclaim with its hugely popular shows, including Into the Hoods and Some Like it Hip Hop. Playfully drawing on everything from Shakespeare to Sondheim, Artistic Director Kate Prince and her company present brilliantly exuberant dance adventures overflowing with energy and wit.

Their new family Christmas show, The Mad Hatter's Tea Party, taps into the heady nonsense of Lewis Carroll's much-loved world in an interactive show perfect for all the family. ZooNation brings together regular collaborators Ben Stones, with his innovative set designs, and the musical team Josh Cohen and DJ Walde.


 レヴューはほとんどが星三つ。理由は、前半の構成が緩い。「不思議の国のアリス」の主要キャラクターを、イングランド北部のある精神関連の施設で暮らしているという設定は予想していたより面白かった。多重人格っぽいアリスとか、ウサギはOCDに苦しみ(家族向けなんだから、子供がOCDなんて知っているわけないじゃん)、チェシャ猫はかなり深く境界線。ダンサー達の熱演で楽しめたのだが、他方、説明的要素をくどいとも感じた。

 後半は踊りの連続で、それはそれで普段は縁の少ないヒップ・ホップ・ダンスの技に目を奪われたが、僕の趣味ではないことも確認。まず、身体能力の凄まじさには驚くが、美しいとは感じられない。見ていて感じたのは、ヒップ・ホップ・ダンスってどこか、おもちゃを買って欲しいとだだをこねまくる子供の姿に重なる。
 もう一つ、後半の舞台設定。ティー・パーティーの設定で、ダンサー達は長い長方形のテイブルの上で代わる代わる踊る。この「テイブルの上で延々と踊る」というのが、僕の狭いかもしれない道徳観に引っかかってしまった。

 会場は大いに盛り上がった。ズーネイションはサドラーズの公演で知名度を上げたこともあるし、また、ロイヤル・バレエ本体が「アリス」を上演している相乗効果もあったのだろう、早々に完売。しかし、ほぼ毎日のようにリターンがでているようなので、興味のある方は、こまめに確認。

 イギリス時間、12月18日午後6時50分から、舞台の様子がロイヤル・オペラ・ハウスのウェブ、もしくはYTのアカウントでライヴで観ることができる。

The Mad Hatter’s Tea Party to be live streamed for free on 18 December 2014
http://www.roh.org.uk/news/the-mad-hatters-tea-party-to-be-live-streamed-for-free-on-18-december-2014

 今回も感じたことだが、リンベリィは様々な試みを観る側が楽しめる本当に面白い劇場空間。幸運にも最前列をリターンで購入できたので、ネガティヴなことを書き連ねたが、目の前で繰り広げられるダンサーの踊りを文字通り手を伸ばせば触れられる距離で観られたのは楽しかった。

 願いもむなしくと書いたのは、ウィリアム・タケットの作品が戻って来て欲しかった。これの再演を熱望しているのだけど。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-969.html

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.