LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

Jimmy's Hall(ジミー、野を駆ける伝説)、日本で上映、他

2014.12.19
main.jpg
(ウェブから勝手に拝借)

友人から、ケン・ローチ監督による「Jimmy's Hall」の日本での公開が決まったことを教えてもらった。

ジミー、野を駆ける伝説
http://www.jimmy-densetsu.jp/index.php

 邦題を観てどん引き。友人の言葉を借りれば、この感動の押しつけはなんだ、と。

 イギリスで公開された時、珍しく観に行った。どうして観に行ったかというと、映画が描く当時のアイルランドを牛耳っていたのはカソリック。既に社会のエスタブリッシュメントだった教会が、人々の社会改革への希望をどのように握りつぶして行ったかを観られるかなと期待したから。

 イギリス国内でも、公開前の監督へのインタヴューは盛り上がったが、評価はほとんどが三ツ星。映画を滅多に見ることが無いからかもしれないが、僕も傑作とは感じなかった。
 しかし、描かれる人々の喜び、悲しみ、熱い議論は観ていて爽快だった。また、アイリッシュ・トラッド音楽は、耳に心地よい。もう一つ思ったことは、当時、アイルランドで暮らす若い人々にとってアメリカが、如何に自由の国だったのか。一世紀足らずの間に、アメリカがどれほど変わってしまったのかを考えながら観ていた。

 台詞は、機関銃のような喋りはそれほど無かったと思うので、是非、俳優の皆さんのアイリッシュ・イングリッシュを堪能して欲しい。いい味をだしているのは、ジェイムズのお母さん。彼を逮捕しに来た警察官をはぐらかす場面は、息子との別れを悲しみながらも、息子を助けようとする母の愛情に溢れている。

 で、友人が教えてくれたリンクのしたの方に、ナショナル・ギャラリィを追ったドキュメンタリィ映画も公開が決まったとのニュース。

ナショナル・ギャラリー
http://www.cetera.co.jp/treasure/

 これ、イギリスで公開されたのかな。偶然だが、昨日、ナショナル・ギャラリィからニューズ・レターが届いた。内容は、2015年3月4日から印象派関連の特別展覧会があると。

http://www.nationalgallery.org.uk/whats-on/exhibitions/inventing-impressionism

So universally popular are the Impressionists today, it’s hard to imagine a time when they weren’t. But in the early 1870s they struggled to be accepted. Shunned by the art establishment, they were even lambasted as ‘lunatics’ by one critic.

One man, however, recognised their worth from the beginning. Paul Durand-Ruel, an entrepreneurial art dealer from Paris, discovered this group of young artists – including Monet, Degas, Manet, Renoir, Pissarro and Sisley – and gambled.

Realising the fashionable potential of their derided ‘impressions’ of urban and suburban life, Durand-Ruel dedicated the rest of his life to building an audience for their work – creating the modern art market in the process.

Such was his perseverance, Durand-Ruel nearly bankrupted himself twice, before successfully globalising his operation with outposts in London, Brussels and New York, and establishing the one-man show as the international norm for exhibitions.

The ‘Impressionists’ – a term first used derogatively by critics – was to become the household name that stands today.

In a unique collaboration with the Musée d’Orsay, Paris, and the Philadelphia Museum of Art, ‘Inventing Impressionism’ features 85 masterpieces from the movement, all but one having passed through Durand-Ruel’s hands, including three of Renoir’s famous ‘Dances’ and five from Monet’s ‘Poplars’ series, alongside rare photographs from Durand-Ruel’s life.


 使われている画像は、国立西洋美術館所蔵のモネの絵。円安が続きそうだが、日本から観に来る人もいるだろう。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.