LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

風呂敷利用の勧め@ロンドン

2015.01.06
クリスマス前の日曜日、W夫人から電話。今回のクリスマス・ディが、彼女の居住域のゴミ収集日に重なったので、クリスマス・ディとボクシング・ディのあとの収集日の情報を調べて欲しいとのこと。W夫人がどうしてこのようなことで電話してきたかというと、ウェストミンスター区からのいつものリーフレットが来なかった。このような情報はおそらく同区のサイトに掲載されていると思うが、彼女はネットに接続していないから。公共情報をネットでだけ共有するというのは僕もおかしいと思う。

 お易い御用ということで、検索。ヒットしたのはこのリンク。

https://www.westminster.gov.uk/xmas-recycling

 内容をざっと読んでいて目が止まったのが、一番下に掲載されていた「環境に優しいクリスマス」という所。最初の行にあるのは、

A good way to reduce wrapping paper is to use ‘furoshiki’ a Japanese-style of wrapping presents with material which can then be reused

スクリーンショット 2015-01-06 6.51.13

 ロンドンの一つの区のゴミ収集日のペイジで、「風呂敷」という単語が使われているなんて、全く考えたこともなかった。

 風呂敷をこのように紹介してくれているのは、日本人としては嬉しい。でも、本家の日本では、風呂敷で贈り物を持参しても、贈り物自体が包装紙で厚く包まれているというのが昨今の「作法」らしいから、environmentally-friendlyと言えるのかどうか。

 興味があったので、グーグルUKの画像検索で見つけた写真を2点。

furoshiki.png

furoshiki1.jpg

 また、アメリカのサイトのようだが、このようなウェブ。

http://furoshiki.com/

 考えたこと無かったが、Furoshikiという単語が会話にでて来ることもあり得るんだな。僕個人がロンドンで風呂敷に遭遇したのは10年前。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-132.html

 日本からの土産で風呂敷というのは喜ばれると思う。一つ注意すべき点は、外国人が風呂敷を日本人と同じように使うことはしないことが多々ある、ということ。日本人に限ったことではないが、例えば日本からの土産を日本人と同じように使って欲しいと思うだろうが、贈られた物をどう使うかは贈られた側の自由。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.