LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

London The Information Capital: ロンドンをビッグ・デイタで読み解く

2015.01.11
DSC02611.jpg

クリスマスからずっと欲しかった本。やっと購入。購入したドーント・ブックスで尋ねたら、「We have sold this a lot」とのこと。

http://theinformationcapital.com/

 ロンドンがどのような都市化を、自転車の利用率、通勤経路の種類、貧困率、幸福度、肥満度等々のあらゆる統計からロンドンがどのように機能して、どのように人々が暮らし、生活しているかを案内してくれる。ざっと読んでまず面白かったのは、幸福度の1位がバーネット、2位がブロムリィ。この二つの区は、ロンドンで最も肥満度が低いたった二つの区。やっぱり、太り過ぎって、幸福ではないんだな。

 国籍で見ると、判ってはいたが日本人は超マイノリティ。それでいて、日本からの観光客がロンドンで費やす一人頭の金額は、欧米諸国からの観光客を遥かに超えている。日本人、もっと威張らないと。

 ロンドンの「今」を知りたい人にはうってつけの本。

関連記事
スポンサーサイト
Books    Comment(0)   ↑Top

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.