LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

ダーイシュ(ISIS or ISIL)に関する報道、コメント

2015.02.04
神が居ようが居まいが気にしないが、宗教が人の心と尊厳を翻弄する限り、全ての宗教はカルト、という立ち位置。しかしながら、テロリストの呼称によって無意味な差別が生み出されることには反対なので、「ダーイシュ」という呼称にする。

「イスラム国」という名称の変更を希望します
http://nagoyamosque.com/3107.html

 今朝、大家と議論になったのは、宗教が非道な虐殺を繰り返すのは、今回のことだけではないということ。記憶に新しい所では、イスラエルによるガザへの猛爆撃。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2300.html

 キリスト教も、過去に多くの命を踏みにじって来た。今でも、女性の地位を平等に認めないという点においては他の宗教と何ら変わりない。

 これまでずっと書いているように、僕は政治的にレフティ。だから情報が偏っていることは認める。今回のダーイシュによる日本人、ヨルダン人の人質の虐殺が、ことに日本においては、日本が新たな戦争の先陣を切ってしまうのではないかとの危機感が大きくなるばかり。以下のリンクに、順位は無い。

首相「9条改憲」執念
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-02-04/2015020402_01_1.html

東大名誉教授・石田雄氏 「戦争に向かった戦前と似ている」
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/151621

古賀茂明氏が語る「I am not Abe」発言の真意
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/156835/1

判断ミス続けた安倍政権が「テロに屈しない」と息巻くリスク
http://nikkan-gendai.com/articles/view/news/156899

日本のジャーナリズムを殺したのは「平和国家日本」を消滅させた安倍である

http://blog.goo.ne.jp/sakate2008/e/5a35f77eb904849c89854dcab121534d

内田樹×内藤正典 「安倍政権は本当に何も知らない外交オンチか、それとも狡猾なのか?」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150203-00042911-playboyz-pol

 憎悪の連鎖は、始まってしまっている。日本、特に安倍政権は、この状況になんだか浮かれているようにすら思える。

 僕は、日常生活の中でムスリムと接することが多いだけで、政治的背景、文化の経緯をきちんと理解してこのポストを書いている訳ではない。が、それでも、このダーイシュによって引き起こされた文化の軋轢/断絶を知ることは必要だと感じている。

イスラム国による日本人人質事件 今私たちができること、考えるべきこと
http://bylines.news.yahoo.co.jp/itokazuko/20150131-00042568/

人質殺害事件に寄せて
http://www.newsweekjapan.jp/column/sakai/2015/02/post-904.php

 ソウル・フラワー・ユニオン中川敬さんがこう書いている。

 「動画、画像を拡散するな。探して見るな。」

 ダーイシュへの憎悪は、日本だけではないが、人々の悪趣味なのぞき趣味を更に醜くしたと思う。

【AFP記者コラム】「イスラム国」の斬首動画が報道機関に突きつけた課題
http://www.afpbb.com/articles/-/3026762

【AFP記者コラム】中東の流血写真と映像に向き合う編集者の苦悩
http://www.afpbb.com/articles/-/3029096

戦争犠牲者の遺体の写真は、観る側にとって「権利」なのか?
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2301.html

 知る権利は、殺された人々の尊厳を踏みにじること。それは、テロリストが犯した虐殺を肯定するだけ。

戦争、反対!

関連記事
スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.