LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

記事掲載は、広告主様のご意向のままに:デイリィ・テレグラフの場合

2015.02.19
内部告発者からの顧客リストによりフランスのル・モンド、イギリスのBBCとガーディアン等のメディアのスクープ、HSBCのスイスにある部門が超裕福な顧客の脱税を支援/指南していたニュースは僕の知る限りでは、日本をのぞく先進国ではとても大きく報道されている。新しい動きは、スイスのプライヴェイト・バンク部門に家宅捜査が入ったこと。

金融大手HSBC、スイス子会社に家宅捜査 資金洗浄容疑で
http://www.afpbb.com/articles/-/3040037

 日本のメディアが詳しく報道していないなと感じるのは僕の間違いかもしれない。この報道に関して日本ではおそらく報道されないであろうことがある。それは、ブロードシートの新聞の中で購読者数トップのデイリィ・テレグラフがこのことほぼ全く掲載していないこと。テレグラフはとてもつまらなくなって来て今は定期購読していない。たまに、ウェイトローズで買い物をする時に無料で入手する程度。このニュースが大きく報道されるようになった頃、数日無料で入手したので読んでみた。すると、マードック所有の「あの」タイムズ紙ですら、一面ではないが政治面や社会面で報道しているにもかかわらず、テレグラフはほぼ黙殺。ガーディアンの

With penalties so weak, tax evasion is worth the risk
http://www.theguardian.com/commentisfree/2015/feb/10/with-penalties-so-weak-tax-evasion-is-worth-the-risk

 に、「テレグラフが報道しないのは、双子のオーナーの名前が顧客リストにあるからでは?!」と書き込んだら削除されてしまった。

 このまま黙殺でニュースが消えるのを待つのかなと思っていたら、内部から動きがあった。テレグラフ紙の政治コメンテイターが、このニュースを報道しない上層部の方針に反発して辞任した。

Telegraph's Peter Oborne resigns, saying HSBC coverage a 'fraud on readers'
http://www.theguardian.com/media/2015/feb/17/peter-oborne-telegraph-hsbc-coverage-fraud-readers

“Telegraph readers are intelligent, sensible, well informed people. They buy the newspaper because they feel that they can trust it. If advertising priorities are allowed to determine editorial judgments, how can readers continue to feel this trust?

“Imagine if the BBC – so often the subject of Telegraph attack – had conducted itself in this way. The Telegraph would have been contemptuous. It would have insisted that heads should roll, and rightly so.”

Oborne later stepped up his criticism, saying that he was speaking on behalf of the “vast majority” of Telegraph staff in saying that they had no confidence in MacLennan or the Barclay brothers.

He told Channel 4 News: “I do think the Telegraph needs to explain to us, why its coverage of HSBC has been skewed, and not just to us. The really important people they need to explain this to is the readers of the Daily Telegraph. They are the people who trust the paper.”

More Telegraph writers voice concern
http://www.bbc.co.uk/news/health-31529682

 簡単にまとめると、内部ではHSBCの脱税支援のことを報道したい動きはあったようだが、編集局長とオーナー「様」のご意向により広告主、この場合HSBCを失いたくなかったのではないかと。

 今朝、BBCのラジオ・ニュースで、家宅捜査が入ったからだろう、「テレグラフがやっとHSBCのことを一面に掲載した」と言っていた。写真を撮ろうかと思ったのだが、一面の右下のほんの少しだけだった。

 オーナーのバークレィ兄弟は何とも思っていないだろうけど、政府批判ができない日本の報道機関に比べれば、このような動きがあることは、イギリスのメディアはまだ踏ん張っているのかなとも思う。

[追記1]
 やっぱり。

Telegraph owners' £250m HSBC loan raises fresh questions over coverage
http://www.theguardian.com/media/2015/feb/19/telegraph-250m-loan-hsbc-editorial-changes-yodel

 で、テレグラフ紙の何とも情けない、全く見苦しい言い訳。

The Telegraph's promise to our readers
http://www.telegraph.co.uk/comment/telegraph-view/11423912/The-Telegraphs-promise-to-our-readers.html

This newspaper makes no apology for the way in which it has covered the HSBC group and the allegations of wrongdoing by its Swiss subsidiary, allegations that have been so enthusiastically promoted by the BBC, the Guardian and their ideological soulmates in the Labour Party. We have covered this matter as we do all others, according to our editorial judgment and informed by our values. Foremost among those values is a belief in free enterprise and free markets.

We are proud to be the champion of British business and enterprise. In an age of cheap populism and corrosive cynicism about wealth-creating businesses, we have defended British industries including the financial services industry that accounts for almost a tenth of the UK economy, sustains two million jobs and provides around one in every eight pounds the Exchequer raises in tax.

We will take no lectures about journalism from the likes of the BBC, the Guardian or the Times. Those media outlets that are this week sniping about our coverage of HSBC were similarly dismissive in 2009 when we began to reveal details of MPs’ expenses claims, a fact that speaks volumes about their judgment and partiality.


 よほど追い込まれのかな。そうだとしても、何とも惨めな言い訳。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.