LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

しんぶん赤旗はアメリカでも読まれている

2015.02.19
作家の曾野綾子さんのコラムは、異文化の間のコミュニケイションには軋轢があるであろうという点ではその通りだが、だからといって移民を差別、本人は区別らしいが、するという意志は充分以上に考察するべきだった。

 このコラムが海外でどのように報道されているかの一例を、思想家の内田樹さんがご自身のブログで紹介している。

アパルトヘイトをめぐるThe Daily Beast の記事から
http://blog.tatsuru.com/2015/02/18_0935.php

 内田さんが引用しているのは、2008年から活動しているアメリカのニュース・サイトの一つ、The Daily Beast。正直、内田さんの記事を読むまでこのサイトのことは知らなかった。

South Africa Scolds Japanese Author for Endorsing Apartheid
http://www.thedailybeast.com/articles/2015/02/16/south-africa-scolds-japanese-author-for-endorsing-apartheid.html

 翻訳は内田さんが既にしているのでそちらを。僕がこの記事で驚いたのは、記事の中で引用されているあるニュースが、しんぶん赤旗からということ。

One possible reason the Japanese mainstream media is reluctant to criticize Sono and the Sankei newspaper is due to the fact that Prime Minister Abe makes it a habit to regularly wine and dine the top executives of Japan’s media groups, often at the same time—usually before major political announcements or decisions—creating a cozy relationship that makes criticizing him or those close to him particularly awkward or difficult in Japanese culture.

 青字にした部分が本文でリンクになっていてクリックすると。

報道各社“権力監視”どこへ
靖国・消費税・集団的自衛権 その夜に…
首相、メディア関係者と会食

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-05-30/2014053001_01_1.html

メディア戦略を重視する安倍晋三首相が、靖国神社参拝や消費税増税実施、集団的自衛権容認への検討指示など、重要な政治行動の節目ごとに、マスメディア幹部と会食している実態がわかりました。これらの問題で、首相がメディア対策に躍起になっていることを示すもの。同時に、権力を監視する役割をもつメディアとしてのあり方が問われています。

 アメリカ社会のどの階層でしんぶん赤旗を読む人が居るのか、また読む目的は全く判らない。ただ、日本のいち政党の機関新聞の一つの記事が、アメリカ発の日本分析記事の中で引用されている事実がとても興味深い。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-513.html

 上記のポストの中でリンクを張ったインディペンデント紙の記事は見つからなかった。が、こんなのを見つけた。

Celebrating the archives of the Communist press
http://www.peoplesworld.org/celebrating-the-archives-of-the-communist-press/

関連記事
スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.