LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

Christoph Prégardien@ウィグモア・ホール

2015.03.01
2月28日、ウィグモア・ホールは丸一日をかけて、ドイツ人作曲家、ヴォルフガンク・リームの特集プログラム。そんな作曲家を知る訳もなく、プログラムを最初に読んだ時は見逃していた。が、午後のプログラムにプレガルディャンの名前。予定の演目はリーム作曲の歌とシューベルト。現代物はゲルハーエルで懲りたので躊躇いもあったが、半分はシューベルトだし、しかもチケットの価格がいつもの半額以下にもかかわらず、予定時間はいつもと同じ2時間とあっては、見逃すわけにはいかなかった。そして、本当に素晴らしいリサイタルだった。

Christoph Prégardien: tenor

Ulrich Eisenlohr: piano

Wolfgang Rihm Composer Focus Day

In the 1970s the young Wolfgang Rihm was at the vanguard of a movement to restore expressivity to contemporary German music and open a modern dialogue with the past.

While his strikingly original works often connect with the aesthetics of Romanticism, they do so without trace of nostalgia or sentimental yearning for styles overturned by the cataclysmic upheavals of the last century. Wigmore Hall’s Composer Focus Day, featuring performances by artists closely associated with Wolfgang Rihm, touches on the myriad ways in which his art draws pulsating life from the abiding energy of music and poetic images of an earlier age.

Franz Schubert (1797-1828)
Auf der Bruck D853

Wolfgang Rihm (b.1952)
Ende der Handschrift
Glückloser Engel 2

Franz Schubert
Im Frühling D882

Wolfgang Rihm
Ende der Handschrift
Nature Morte
Blaupause

Franz Schubert
An mein Herz D860

Wolfgang Rihm
Ende der Handschrift
Leere Zeit

Franz Schubert
Im Jänner 1817 D876 'Tiefes Leid'

Wolfgang Rihm
Ende der Handschrift
Traumwald

Franz Schubert
Im Walde D834

Wolfgang Rihm
Ende der Handschrift
Mit der Wiederkehr der Farbe
Drama

Franz Schubert
Über Wildemann D884
Wolfgang Rihm

Ende der Handschrift
Geh Ariel bring den Sturm


Wolfgang Rihm
Das Rot: Hochrot, Ist alles stumm und leer, Des Knaben Morgengruss, Des Knaben Abendgruss, An Creuzer, Liebst du das Dunkel

Franz Schubert
Schwanengesang D957
No. 10 Das Fischermädchen
No. 12 Am Meer
No. 11 Die Stadt
No. 13 Der Doppelgänger
No. 9 Ihr Bild
No. 8 Der Atlas


 土曜の午後だし、ドイツでは有名らしいがイギリスではどれほど知られているのかさっぱり判らない現代ドイツ人作曲家中心のプログラムでは、聴衆はおそらく会場の3割くらい。でも、プレガルディャンのリサイタルでいつも見かける人がかなり居たので、彼のコアなファンは集まっていたようだ。

 前半の構成は、リームのEnde der Handschriftからの歌と、シューベルトエルンスト・シュルツェの詩に曲をつけたリートを織り交ぜてという形式だった。

 プレガルディャン、絶好調。最初の「橋の上で」から僕にとって最高、至上の声が全開。今回のピアニスト、ウルリッヒ・アイゼンローアという人は初めてだったが、この人の演奏もまた素晴らしく。歌う人が歌うと、シューベルトの歌曲は僕のは極上のポップ音楽のよう。

 リームによる曲は、前半は楽しめなかった。しかし、後半のDas Rotはプレガルディャンの熱唱もあり、聴き応えのある物だった。中でも、4曲目のDes Knaben Abendgrussは、「プレガルディャン、こんな歌い方もできるんだ!」と驚嘆の大熱唱。

 売れていなかったので、席は最前列のど真ん中、プレガルディャンの正面を余裕で購入できた。写真を撮るには全く不向きな席だが、目の前1メートル弱の席で彼の曇りのない歌唱を聴ける幸福。リームの幾つかの曲で最高音部がきつそうだなと感じたが、掠れることは全く無く、本当に絶好調の歌だった。ここ数日、予定外のことに対処しなければならず、気持ちに余裕がなかったのだが、聴くことができて本当に良かった。

 終演後、グリーン・ルームへ。訊きたかったのは、5月にある東京のトッパン・ホールでのリサイタル。

 「東京での2回のリサイタルのあと、5月18日にウィグモアで予定されているランチタイム・コンサートは、平気なんですよね?(これまでに、彼の体調不良でキャンセル3回経験している)」

 「I hope so, the concerts in Tokyo were scheduled much later(ブッキングはウィグモアの方が先だったようだ)」

 「本当に、無事にロンドンに来てください。東京のプログラム、とても素晴らしいですね。羨ましいです」

 「The Toppan Hall asked us to do those, they are really keen on the programmes. Will you come?」

 「I wish」

 トッパンの演目はこれ。昨日の好調が東京でも披露されれば、素晴らしいリサイタルになるだろう。

http://www.toppanhall.com/dll/201505131900.pdf

 客の入りが今ひとつの割に、ウィグモアとは良好な関係が続いているようで、今シーズンは今回を含めて4回。来シーズンはシューベルト・ソング・シリーズで2回登場の予定。

[追記:3月8日]
この特集についてのレヴューが二つ。どちらもプレガルディャンが中心ではないが、彼の歌唱についてのレヴューがでることは滅多にないので、嬉しい。

Wolfgang Rihm Day review – stars come out for a master of dark delights
http://www.theguardian.com/music/2015/mar/02/wolfgang-rihm-day-wigmore-hall-review

Rihm’s expressive centre of gravity now seems fixed quite firmly in that post-romantic, expressionist language of the turn of the 20th century. The starting point for many of the songs in Prégardien’s remarkable recital with pianist Ulrich Eisenlohr – from the 1999 cycle Ende der Handschrift, settings of poems by Heiner Müller, which he interwove with Schubert’s late songs on poems by Ernst Schulze, and the cycle Das Rot (1990) which was followed with the Heine settings from Schwanengesang – was that of early Schoenberg and Berg. The juxtaposition with the greatest of all Lieder composers worked perfectly, while Prégardien’s acute, concentrated response to every detail of every song was a wonder in itself.

Wolfgang Rihm Focus Day, Wigmore Hall, review: 'contrasting emotional worlds'
http://www.telegraph.co.uk/culture/music/classicalconcertreviews/11440000/Wolfgang-Rihm-Focus-Day-Wigmore-Hall-review-contrasting-emotional-worlds.html

Singer Christoph Prégardien rose magnificently to the challenge of projecting these two emotional worlds. Rihm’s little wisps of songs could sound precious, but Prégardien has such a magnificently powerful sound they seemed monumental. In the Schubert songs such as Der Atlas, he and pianist Ulrich Eisenlohr summoned a power I’ve never heard equalled.

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.