LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

マハゴニィ市の興亡@ロイヤル・オペラ:アラバマ・ソングを聴きたくて

2015.03.15
スクリーンショット 2015-03-15 20.02.25
(ロイヤル・オペラのフリッカァから拝借)

Rise and Fall of the City of Mahagonny, 2015
https://www.flickr.com/photos/royaloperahouse/sets/72157651280824925/

3月10日にロイヤル・オペラでは初演となったベルトルト・ブレヒトクルト・ヴァイルによる「マハゴニィ市の興亡」を12日に観た。ロイヤル・オペラ・ハウスに行くのは約2ヶ月ぶり。スタッフのユニフォームがカジュアルなものになっていた。

http://www.roh.org.uk/productions/rise-and-fall-of-the-city-of-mahagonny-by-john-fulljames

The three-year genesis of Aufstieg und Fall der Stadt Mahagonny (Rise and Fall of the City of Mahagonny) spanned the entire partnership between Bertolt Brecht and Kurt Weill – one of the most fruitful and shortest musical collaborations of the 20th century. The great success of their first work together, the Mahagonny Songspiel (1927), encouraged the two to adapt it into a full-length opera. But progress stalled as the two men discovered their theories were developing in deeply divergent directions: Brecht eager to pursue the disjointed effect of his theories of epic theatre, Weill looking for ways to unify very different styles of music. Concerns from first the publishers and then producers over the work's 'depravity' further increased the disruption. The riot at the opera's premiere on 9 March 1930 was the beginning of the end of Weill's career in Germany.

The troubled development of Aufstieg und Fall der Stadt Mahagonny only adds to the work's extraordinary power as one of the most unsettling and provocative of all operas. This is Weill at his most brilliant and inventive, incorporating popular song in the 'Alabama Song' and neoclassicism in the terrifying 'Hurricane fugue'. The Royal Opera's Associate Director of Opera John Fulljames directs The Royal Opera’s first production of the work in collaboration with designer Es Devlin (Don Giovanni, Les Troyens). They focus on Brecht and Weill's stinging critique of consumerism while finding new relevance in our insatiable depletion of the earth's resources.

 あらすじはこちらを。

http://www.music-tel.com/ez2/o/work/Stadt_Mahagonny/3.html

 そしてキャストは。

Leocadia Begbick: Anne Sofie von Otter
Fatty: Peter Hoare
Trinity Moses: Willard W. White
Jenny: Christine Rice
Jimmy McIntyre: Kurt Streit
Jack O'Brien: Jeffrey Lloyd-Roberts
Bank Account Bill: Darren Jeffery
Alaska Wolf Joe: Neal Davies
Toby Higgins: Hubert Francis


 ブレヒトとヴァイルが共同で作品を創作したことは知っていても、直接の舞台を観たことはない。唯一の経験は、ロイヤル・バレエが10年ほど前に「七つの大罪」をコミッションしたとき。

http://www.chacott-jp.com/magazine/dancecube/world-report/from-london/london0706b.html

 ロイヤル・オペラが「マハゴニィ」を上演すると発表した時に、観たいと思ったただ一つの理由は「アラバマ・ソング」がこのオペラ(というには微妙な舞台らしい)の中で歌われることを初めて知ったから。

 僕にとっての「アラバマ・ソング」は、ドアーズ。そのオリジナルがどのように使われ、歌われるのかとても興味を惹かれた。

 ピケティの「21世紀の資本主義」ですら何ら社会に変化をもたらすことができないほど資本主義が強固な現在、ヴァイマールの衰退を描いたらしいこのオペラが警鐘になるとは感じられなかった。批評家の多くが指摘しているように第1幕の前半は、音楽がかなり単調に感じられた。しかし、2幕、3幕は口ずさめるような旋律ではなかったものの、聴く側の緊張感をとぎらせない魅力はあった。

 「アラバマ・ソング」はジェニィが歌う。クリスティーン・ライスはいつも優等生的な印象が先行するのだが、今回のはすっぱな役、「アルチーナhttp://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2336.html)」で聞き惚れたペル・カント歌手としての盤石な技術と、かなり見直した。「アラバマ・ソング」は朗々と歌い上げるようなアリアではなかったが、ジェニィの主題歌のようで面白かった。

 残念だったことは二つ。初めてまともに観る/聴くオッターの乏しい声量。オペラ・ハウスの上階に居た聴衆には聞こえたのだろうか。

 演出のフルジェィムズとは相性があわないのだろうこともあるが、彼の演出は観る側の意表をつくことも、またこんな工夫があったのかと驚くことが全く無い。後半、舞台にうずたかく積まれたコンテナ、そこに映し出される過剰なネオン装飾。聴衆のアドレナリンを力づくで引き出そうとするものの、全てが薄っぺらに感じた。以前観た現代オペラの演出から感じた煌めきと驚きをフルジェィムズの作法から感じることはない。

The Rake's Progress
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-841.html

大いなる幻影
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1143.html

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.