LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

東京駅周辺美術館、学生無料ウィーク

2015.03.16
スクリーンショット 2015-03-16 20.29.42
(無断拝借しました)

ミクシィ系由で友人が教えてくれたのは、東京駅周辺の5つの美術館に、3月17日から3月31日まで、学生は無料で入館できるという、素晴らしい企画。

http://www.museum-cafe.com/5museums/

 異論があるだろうが、僕は学生、特に大学生で居ることは「特権」であるとは思わない。しかし、学生でいられる「時間」は人生の中では本当に短い。その短い時間の間に、無料で美術・芸術を間近に観られる機会を得られることは貴重だと思う。感受性が柔軟な時に様々な美術作品を体験しておくと、引き出しが増えて、社会に出てから予想していない状況でその引き出しにしまい込んでいた知識が新しい経験を彩ることもある。

 三菱一号館美術館の特別展は、ブログ仲間が既に鑑賞している。

http://blog.goo.ne.jp/bigupset39/e/a9c210e646c6ef95cdf85a90005caa6b

 個人的には、出光美術館の小杉放菴を観たいかな。

 ロンドンでは、ナショナル・ギャラリィテイト・モダンで面白い企画展があるのだが、この春、最も熱い特別展は、ヴィクトリア・アンド・アルバートでの故アレクサンダー・マックイーンの回顧展。

Alexander McQueen: Savage Beauty
http://www.vam.ac.uk/content/exhibitions/exhibition-alexander-mcqueen-savage-beauty/

 既に70,000枚以上のチケットが売れているようで、3月は完売。4月分もそろそろ無くなりそう。夜10時まで開館している金曜日なんて、6時以降のチケットは期間中既に売り切れているという凄まじさ。4月以降ロンドンに来て何か面白い美術展を観たいと思っている人に勧めるが、チケット購入は早めに。

new-savage-beauty-banner.jpg

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.