LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

早春のウィズリィは木蓮が満開

2015.03.23
スクリーンショット 2015-03-23 19.19.53

ストレスフルな日々が続き、気分を閑かに奮い立たせようと思い友人に頼んでウィズリィ・ガーデンに行って来た。

https://www.rhs.org.uk/gardens/wisley

 午前中は曇天だったのだが、ランチをのんびり楽しんでいる間に真っ青な空が広がり、特に満開の木蓮を堪能した。最も高い木蓮は、これまであまり足を踏み入れたことのない場所にあり、その存在を今回まで全く気づかなかった。木蓮があれほど高くなる植物だとは知らなかった。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/collections/72157651517434411/

 昼食後に、温室へ。説明を読まなかったが、様々な色合いのアマリリスが満開なのは、壮観だった。ジョージア・オキーフ風の写真が撮れないものかと頑張ったのだけど、接写は難しい。これが何となくセクシィさと自然の造形美を掬い取っているかなと。

スクリーンショット 2015-03-23 19.20.39

 木蓮はもうすぐ散ってしまうだろうけど、週末には夏時間が始まり、庭を楽しめる季節がもうすぐなのは、嬉しい。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.