LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

Christoph Prégardienの東京公演は、13日と15日

2015.05.12
クリストフ・プレガルディャンの東京公演は、今週13日と15日、トッパン・ホールで。特に15日のプログラムはとても聴きたい。行きたかったな。

http://www.toppanhall.com/concert/detail/201505151900.html

 心配なのは台風一過で気温が急上昇する東京でどのように体調を維持できるか。東京公演ではなくて、来週18日、ウィグモア・ホールでのランチタイム・コンサートに無事に来ることができるか?

https://wigmore-hall.org.uk/whats-on/schubert-and-schumann-201505181300

Christoph Prégardien tenor;
Daniel Heide piano

Schubert and Schumann

Franz Schubert (1797-1828)
An den Mond D259
Schäfers Klagelied D121
Erster Verlust D226
Rastlose Liebe D138
Wandrers Nachtlied D768
Willkommen und Abschied D767

Robert Schumann (1810-1856)
Dichterliebe Op. 48


 プログラムは全く目新しくはないのだが、彼も来年で還暦。聞ける時にどんなプログラムでも聴いておきたい。来シーズン、ウィグモアでは2回登場の予定。東京でも、既にトッパン・ホールで2016年3月24日に「水車小屋の美しい娘」を歌う予定になっている。プレガルディャンの「水車小屋」はまだ生では聴いたことがないのでこれまた羨ましい。

 日本の皆さん、13日はまだ席に余裕があるようなので、是非。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.