LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

Christoph Prégardien: BBC Radio 3 Lunchtime Concert @ウィグモア・ホール

2015.05.18
2015年5月18日、ウィグモア・ホールでクリストフ・プレガルディャンによる、BBCラジオ3のランチタイム・コンサート。

https://wigmore-hall.org.uk/whats-on/schubert-and-schumann-201505181300

Christoph Prégardien tenor;
Daniel Heide piano

Schubert and Schumann

Franz Schubert (1797-1828)
An den Mond D259
Schäfers Klagelied D121
Erster Verlust D226
Rastlose Liebe D138
Wandrers Nachtlied D768
Willkommen und Abschied D767

Robert Schumann (1810-1856)
Dichterliebe Op. 48: Im wunderschoenen Monat Mai; Aus meinen Traenen spriessen; Die Rose, die Lilie, die Taube; Wenn ich in deine Augen seh'; Ich will meine Seele tauchen; Im Rhein, im heiligen Strome; Ich grolle nicht; Und wuessten's die Blumen; Das ist ein Floeten und Geigen; Hor' ich das Liedchen klingen; Ein Juengling liebt ein Madchen; Am leuchtenden Sommermorgen; Ich hab' im Traum geweinet; Allnachtlich im Traume; Aus alten Marchen; Die alten, boesen lieder

 
 舞台に出て来てプレガルディャンを観てちょっと驚いた。過去数回は、ドイツの伝統的な礼装で歌うことが多かったのだが、今日は、とてもスタイリッシュな黒のスーツに黒のシャツ。そして明らかに、痩せた。体調不良なのかと一瞬不安がよぎったが、ひとたび歌いだせば、2月の好調が更に安定していて、耳福の極み。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2433.html

 6月に「冬の旅」、来シーズンの2回はシューベルト特集の一環なので、その前にシューマンを聴けたのは良かった。本編最後の2曲の緊張感と声の美しさは聴き惚れるばかりだった。

 アンコール終了後、グリーン・ルームへ。

 「東京、暑くなかったですか?」

 「It was humid, but I did not feel hot there. Everything was fine」

 「I heard that your recitals last week were really successful. Did you enjoy it?」

 「Fantastic! The second night was so special」

 「By the way, it may be an awkward question. Have you lost weight?」

 「Yes, I have」

 「I have today found your voice much stronger and more moving than before. I had the same feeling when you sang in February」

 「Do you think so? Interesting and someone in Japan told me the same thing」

 オペラ歌手は太っていれば良いって訳ではない。今日のランチタイム・コンサートの歌曲群は、彼にとっては目新しいものではないはず。にもかかわらず、以前よりも言葉の一つ一つが鮮明に耳に届き、現在の彼にとっての高音域でも声に濁りは一切なかった。

 グリーン・ルームでは、ギルフーリ支配人と熱くハグしていたので、ホールとの関係は良好のよう。来年、還暦を迎えるプレガルディャンだが、引退を決める前にもっとロンドンに来て欲しい。

 来月、ウィグモア・ホールで歌われるシューベルトの「冬の旅」は、以前プレガルディャンでも聴いているが、その時は会場の環境が良くなかったこともあって楽しめなかった。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2037.html

 歌われる内容も好きではないので、声だけに集中しよう。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.