LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

世界は傲慢で満ちている

2015.07.14
スクリーンショット 2015-07-14 7.58.32
(Hubrisで検索した画像)

今月上旬、朝日新聞のウェブでこんな記事を(冒頭部分だけ)読んだ。

”百田発言”と「ヒューブリス(傲慢)症候群」
http://webronza.asahi.com/business/articles/2015070100014.html

 Hubrisという単語を初めて知った。

Hubris syndrome
http://brain.oxfordjournals.org/content/132/5/1396

 うなずけるなと思っていた数日後、ガーディアンに掲載された短いコラム。

Too busy to be polite? Gt stfd
http://www.theguardian.com/lifeandstyle/2015/jul/10/too-busy-to-be-polite-oliver-burkeman

 この中の一文が大いに腑に落ちた。

rudeness at work is rarely a good time-saving tactic anyhow: when bosses treat employees rudely, it causes productivity and creativity to plummet, so in the end rudeness slows things down. Obnoxious jerks who attain power do so despite, not because of, their obnoxiousness.

 現在の日本の政治・社会状況を見事に表している。この記事の中で引用されているNYTの記事。

No Time to Be Nice at Work
http://www.nytimes.com/2015/06/21/opinion/sunday/is-your-boss-mean.html

 ざっと読んだだけなのでもしかしたら読み間違いをしているかもしれないが、顧客が店で働く人の態度が乱暴だと何も買わないで店をでるというのはうなずける反面、顧客の態度が傲慢ならそれをいさめることは間違っていない、ということまで踏み込んで欲しかった。「買ってやるんだから言う通りにしろ」という態度はもはや「神様」ではなく「独裁者」でしかない。イギリスにとって永遠のライヴァル、フランス人の態度が悪い、というのはイギリス人がよく話題にすること。でも、そんなに傲慢だろうか?

French waiters aren’t rude, they merely demand respect
http://www.theguardian.com/commentisfree/2015/jun/12/french-waiters-rude-respect-service

 最後にパリに行ったのは1年以上も前だからもしかしたら状況が変わっているのかもしれないが、僕はパリで嫌な思いをしたのは地下鉄のカルネ売り場でくらい。今月上旬に滞在したロット渓谷周辺では英語が通じないけど、とても気分の良い人たちばかりだった。

 文化の違いで、イギリス人から観て乱暴という態度が、別の国から来た人にとっては普通の態度ということもあるだろう。ガーディアンの記事で書かれていること、親切であることの方が傲慢であることより楽、というのはもっともだと思う。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

- ハマちゃん

私もフランス中部の田舎に3回行きましたが、皆さんごく真っ当。
愛想笑いしてれば礼儀正しいってもんじゃないです。
イギリスのサービス業は愛想笑いをして客を追い払うスキルが高いだけで、フランスよりマシって訳じゃない。
2015.07.24 Fri 05:29 URL [ Edit ]

- 守屋

ハマちゃん さん

 Najacという中世の面影が残る町の観光案内所で、「英語で良いかな?」と尋ねたら、カウンターに居た若い女性は、「英語?どうしよう?」というひるんだ表情を一瞬見せました。聞き取り易い英語だったし、対応はとても親切で気持ちよかったです。

>客を追い払うスキルが高い
 100%同意はしないですが、とても鋭い観察だと思います。

 ロンドンの場合だと消費者がイギリス人だけとは限りませんが、「金を払うんだから、こちらの要望に100%以上で応えろ」という無理な消費者が居るように感じています。安い賃金でサーヴィス業で働いている人たちからすれば、そんな無理に振り回されるなら追い払いたくなるかなと。
2015.07.26 Sun 07:15 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.