LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

日本人ができること:敗戦後70年

2015.08.02
スクリーンショット 2015-08-02 20.37.15

70年という節目は日本だけではなく、第二次世界大戦を経験した全ての国でも同じ。それでも、日本人としては、やはり日本のことが気になる。今日のガーディアン・オブザーヴァから。

Hiroshima’s fate, 70 years ago this week, must not be forgotten
http://www.theguardian.com/world/2015/aug/02/hiroshima-bombing-70-years-on-eric-schlosser

Japan's atomic bomb survivors continue in fight against nuclear weapons
http://www.theguardian.com/world/2015/jul/31/japan-atomic-bomb-survivors-nuclear-weapons-hiroshima-70th-anniversary

 別のポストでも書いたように、第二次大戦中に日本軍がしたことを決して忘れないイギリス人は今でも多い。その事実を、多くの日本人は知らない。僕は、面と向かって非難されたことはないが、幾人かの友人から、彼らの親族、友人、知人が直接・間接に日本を憎んでいることを聞いている。

 戦争は憎しみを増幅し、その増幅された憎しみは何世代、ミレニアムというタイム・スパンで受け継がれて行くのは歴史が証明している。

 その憎しみを受け止めた上で日本ができること、しなければならないことは、被爆国として原子爆弾の非道さを世界に伝えること。世界のどこかの国が日本の戦争責任を非難しても、原子爆弾の恐ろしさを伝えることは日本ができること。

[追記]
テレグラフの記事。

Hiroshima: 70 years on, one survivor remembers the horror of the world's first atomic bombing
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/japan/11778250/Hiroshima-70-years-on-one-survivor-remembers-the-horror-of-the-worlds-first-atomic-bombing.html

関連記事
スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.