LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

ロシアに行かない言い訳:Dill

2015.08.11
Dill.jpg
 
今朝のガーディアンに、おそらくモスクワ駐在の記者だろう男性による、食に関するコラムが掲載された。

Dill with it: Russia’s obsession with the spindly herb menace
http://www.theguardian.com/world/2015/aug/10/dill-russia-herb-pizza-sushi-soup-hummus-food-ruin

Dill is everywhere in Russia. It’s the national herb, smuggled on to every plate as if it were merely seasoning, rather than a ruthlessly aggressive flavour capable of sabotaging any dish with just a few of its spindly fronds. A Reuters investigation once found that the average Russian eats enough dill each year to fill a large suitcase.

It’s one thing when dill blankets traditional Russian dishes like the emptied contents of a lawnmower bag, but quite another when it shows up on pizza, sushi, quiches: occasions when you naively hadn’t even thought to request a dill-free meal from the waiter. It is a sabotage apparently borne of a grotesque, atavistic culinary longing, like some deranged Brit on the Costa del Sol lacing a paella with brown sauce.

 大人の味覚になってから、子供の頃に食べたいと思わなかった野菜や、和食にはない香草を楽しめるようになった。が、ディルだけは、どうして料理に使われなければならないのか全く意味を見いだせない味覚。不覚にも料理に使われていて口にしてしまったのがいつだか全く思い出せない。思い出す必要もない。

 今、行くのが面倒そうだけど行けるなら行ってみたい国として自分の中で盛り上がっているのがイラン。イランの料理がどのようなものだか判らないが、寿司にディルを使う国と比べたらまだましだろうかと思う。それほどディルは嫌いだし、誘われても説得力のある断る理由を知ることができて良かった。

 個人的に、もう一つこの記事で興味を惹かれたのは、ロシアの実情とは、という点。

People often ask if Moscow is a difficult place to live, and I tell them it’s great: exciting, vibrant, and with rapidly improving quality of life in recent years.

 どのメディアで目にしたのか思い出せないが、数週間前に、ロシア国内での新生児の死亡率が急速に改善されているとの記事を読んだはず。以前、登場してもらったエストニアとロシアの国籍を持つ「ロシア人」の知人。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2174.html

 彼は昨年暮れにイギリスを離れ、どこか南方に行ったらしい。ロシアが悪いとしか報道しないイギリスが嫌になったと言いつつ、彼が南方に行けたのはエストニアのパスポートのおかげだろう。

 それはおいておくとして、人権問題も含めて、ロシア国内では、ロシア人は生活の質に満足しているということなのだろうか?プチンは国外からは叩かれ放題だが、国民の生活向上に腐心しているのだろうか?、と。

 ロシアに行くより前に行くのであれば、イランだなと思った話題。

[追記:8月12日]
 コメントを書いたら、以下のコメントを貰った。

Last I checked the poverty rate in Russia was about 16%. In the so called most developed country in the world, the U.S. it is about 14.5%. Doesn't seem like a huge difference to me

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.