LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

日本語の「お詫び」は幾つ?

2015.08.16
スクリーンショット 2015-08-16 18.58.12
(BBCのウェブから無断拝借)

8月14日にBBCの日本人記者、Mariko Oiさんが書いた日本語の「お詫び」の違いについての記事がとても判り易い。

The many ways to say sorry in Japanese
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-33901966

 日本時間、8月14日に発表された「談話(何故、「談話」という表現になるのか理由を知りたい)」や、東芝の不祥事のこともまだ新鮮なうちに、海外からだとどの「お詫び」が真意なのか理解できない日本語の闇を判り易く書いていると思う。以下の引用部分は、秀逸だと思う。

"Sumimasen" すみません, which can be translated as "excuse me", also works as an apology depending on how it is used. "Yurushite" 許して is to ask for forgiveness and "kanben" 勘弁 can be used to plead for mercy and both terms are used much more casually than in English.

 日本の戦争責任をこれからの世代が未来永劫にわたって謝罪をしなければならない、とは僕も思わない。しかし、ならば日本が何をしたのかを、戦争を知らない世代にしっかりと伝えてからだろう。知らないから謝罪しないという態度では、何も変わらない。

関連記事
スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.