LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

サロニカ湾の赤い月:「桃色浄土」はこれのことなのかなと

2015.10.06
スクリーンショット 2015-10-06 13.51.08

月蝕当夜のスーパームーンは深夜だったので、わざわざ起きてまでとは思わなかった。で、明くる日の夜、晩ご飯を食べている時にふとエギナ島の方を観ると、姿を現した月は赤かった。

https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157659219176526

 僕の技術では、夜空をゆっくり昇って行く月の色を再現できなかったが、ま、雰囲気はあるかなと思う。写真を撮りながら、サロニカ湾の海上に映える濃い黄色の光の道を観ていて、故坂東眞砂子さんの「桃色浄土」を思い出した。物語の鍵は桃色珊瑚だから月蝕による赤い月を坂東眞砂子さんが考えていたかどうかは判らない。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.