LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

クリストフ・プレガルディャン@ウィグモア・ホール(シューベルト特集)

2015.11.03
今シーズン、そして来シーズンにかけてウィグモア・ホールはシューベルト作曲の歌曲を制覇する(らしい)プログラムを設定している。

Schubert: The Complete Songs
http://wigmore-hall.org.uk/artistic-series/schubert-complete-songs

Schubert’s songs belong to the stock of mankind’s highest achievements, potent examples of the best in human creation and a vast reserve of solace and joy for performers and listeners alike.

Over the following two seasons Wigmore Hall presents the chance to hear the complete songs of Schubert performed by truly outstanding artists. Every recital in the Hall’s series will unfold in chronological order, moving from little-known early pieces to sublime late masterworks and exploring their infinite universe of musical and poetic expression.

We are delighted to be working on this mammoth project with the Schubertiade Schwarzenberg and Hohenems, with singers and pianists chosen by John Gilhooly and programmes devised by him in close collaboration with Graham Johnson, rightly regarded as one of the world’s leading Schubertians.

This series continues in the 2016/17 Season.


 既にこの企画によるプログラムは始まっていて、10月29日、クリストフ・プレガルディャンのリサイタルへ。

スクリーンショット 2015-11-03 6.52.58
トッパンホールのウェブから無断で拝借。http://www.toppanhall.com/concert/detail/201603241900.html


Christoph Prégardien tenor
Christoph Schnackertz piano

Schubert has occupied the centre ground of Christoph Prégardien’s recital repertoire for over three decades. The German tenor’s penetrating interpretations flow from his sophisticated engagement with words and music.

He and Christoph Schnackertz present such familiar songs as ‘Der Hirt’ and ‘Nachtviolen’ in company with rarely performed early treasures, ‘An Emma’ and ‘Der Liebende’ outstanding among them.


An Emma D113
Der Jüngling am Bache D192
Der Liebende D207
Der Traum D213
Die Laube D214
Hoffnung D251
Ritter Toggenburg D397

Edone D445
Die Liebesgötter D446
Der Hirt D490
Bei dem Grabe meines Vaters D496
Der Alpenjäger D524
Nach einem Gewitter D561
Trost D671
Nachtstück D672
Nachtviolen D752
Auflösung D807


 まいどまいど同じ感想になるが、今回もまた、素晴らしいリードの夕べだった。前半はシラーヘルティ(Hoelty)の詩によるもの、後半は全てMayrhoferの詩への歌曲という構成だった。前半で歌われた、最近では歌われることの少ない初期の歌曲も良かった。更に素晴らしかったのが後半。公平に言えば、最高音は微妙に不安定になりつつある。しかし、ドイツ語を既に理解できなくても、歌われる単語の一つ一つが鮮明に聞こえる正確な発音、揺るぎの無い解釈があってこその想像力を刺激する歌唱に、身じろぎできなかった。
 本編の最後に歌われた「Auflösung」を聴くのは5年ぶり。

http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-1180.html

 5年前の歌唱は今では思い出せない。2015年の「プレガルディャン」による豊かな歌唱を聴くことができて本当に良かった。トッパンホールのリーフレットの写真にあるように、本人、2年前と比べて格段に痩身になっている。それが功を奏したことは明白で、声の瑞々しさが失われどころか、輝きが増している。

 本人が舞台で言ったように、当夜のプログラムは通常より短かった。ということで、アンコールは3曲。そのあとグリーン・ルームで「今夜の素晴らしい歌唱を聴いていて、あなたのことを初めて知った『アルミダ』での歌唱を思い出していました。オペラにはもうでないと仰っていましたが、違ったプログラムを歌う予定なんてありますか?」。

 「No, I am not doing opera anymore, but I will sing Idomeneo in a concert style next summer in Germany」。

 ということを聞いたので、帰宅後、ネットで情報収集。しかし、見つからず。息子のユリアンのサイトでも言及されているから上演されるのだろう。本人サイトの今後の予定によると、2016年3月24日のトッパンホールのでリサイタルの他に、上野の文化会館(http://www.tokyo-harusai.com/program/page_3023.html)や名古屋でリサイタルの予定。

http://www.toppanhall.com/concert/detail/201603241900.html

 桜の季節の日本はせわしないし、4月8日にウィグモア・ホールでリサイタルがあるから行かないだろう。で、興味がわいて、シューベルティアーデの演目を観たら、父子競演がある。

http://www.schubertiade.at/produktionen/sophie-karthaeuser-christoph-prgardien-julian-prgardien-michael-gees.html/ID_Vorstellung=2458&m=232

 ブログ仲間の経験(http://ameblo.jp/peraperaopera/entry-11918740885.html)を読むと車が無いと行くのは大変そうだが、あれほど素晴らしいシューベルトを聞いてしまうと、ファンとしてはもっと聴きたいなと。行くとしたらどうせ一人だし、気楽に鉄道で行けば良いだろう。

[追記]
どうせレヴューは無いだろうと思いつつガーディアンに行ったら、ウィグモアの2日後、オックスフォードで催されたプレガルディャンのリサイタルのレヴューが。なんと、超辛口、意地悪ACが満点をつけている。

Christoph Prégardien/Roger Vignoles review - lieder singing of the highest class
http://www.theguardian.com/music/2015/nov/02/christoph-pregardienroger-vignoles-review-lieder-singing-of-the-highest-class

The Oxford lieder festival makes a point of mixing recitals by up-and-coming singers with appearances by established international artists. It always ends with a high-profile concert too, and so the finale of this year’s fortnight-long event was a programme given by one of the outstanding lieder singers of of our time, the German tenor Christoph Prégardien, who was partnered by Roger Vignoles in a programme of Mahler, Schubert and Schumann.

Prégardien may now be nearing the age at which many singers turn their attention to giving masterclasses rather than vocally demanding recitals, but there were only a few hints that his voice was no longer the intensely flexible instrument it once was. One or two phrases were taken down an octave, and perhaps there was more use of head voice and falsetto than a younger singer might have used, but it was all fused into a seamless whole with such conviction and such intense musical awareness that nothing ever jarred or seemed out of place.

On the contrary, much of what Prégardien did was a revelation, with such immaculate diction and attention to each musical detail that the audience hung on every word. The four songs of Mahler’s Lieder eines Fahrenden Gesellen, so often presented as expressions of youthful self-pity, became a genuinely dramatic scenario, the tragedy searingly convincing. And the settings of Heine from Schubert’s final collection Schwanengesang became a series of vividly etched portraits, all achieved by Prégardien and Vignoles without any hint of caricature or exaggeration, and with the integrity of each musical line always rigorously respected.


関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.