LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

パリへの祈り:憎しみは平和をもたらさない

2015.11.14
スクリーンショット 2015-11-14 12.07.22

Paris attacks from the Guardian
http://www.theguardian.com/world/paris-attacks

 パリでの無差別虐殺の犠牲になった人々の無念を忘れず、残された家族や友人達がしっかりと支援を受けられることを。

 戦争法案の可決により、日本、そして日本人がこのような無差別殺戮には無縁であることはもはやあり得ないだろう。憎しみは憎しみを増幅するだけ。安倍政権が海外へ自衛隊を派遣することは、平和の維持ではなく、憎しみを、そしてテロリズムを拡大する。

 憎しみを生むのは憎しみだけ。沖縄への憎しみを煽っている政権のやり方を観れば現在の日本がこれまで築いてきた「平和を尊重する」日本を破壊しているだけ。

 憎しみを増幅するのは簡単であろうし、勇ましく見えるだろう。しかし、増幅された憎しみによって命を奪われるのは、常に、無関係の人々。

 パリで暮らす人々の生活に安定が訪れることを、そして憎しみがこれ以上を世界を覆わないことを祈る。

関連記事
スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.