LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

アンドレアス・ショル&イェスティーン・デイヴィース@ウィグモア・ホール

2015.11.24
IDAS.jpg
ロンドンの椿姫さんのご好意により、http://ameblo.jp/peraperaopera/entry-12098196341.html

11月13日のフランコ・ファジョーリのリサイタル(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2566.html)から6日後の11月19日、同じくウィグモア・ホールでアンドレアス・ショルイェスティン・デイヴィース、二人のカウンターテノールによるパーセルの歌曲のリサイタル。

The English Concert
Harry Bicket director, harpsichord
Iestyn Davies countertenor
Andreas Scholl countertenor

Rousing airs, laments, theatre tunes and bold songs of welcome and farewell provide exceptional material for Iestyn Davies and Andreas Scholl to explore.

The two great countertenors, consummate experts in the interpretation of the works of Purcell and his contemporaries, share the stage with The English Concert in a programme guaranteed to move the spirit and stir strong passions.

Henry Purcell (c.1659-1695)

Love's goddess sure was blind Z331
Many such days may she behold
Sweetness of Nature and true wit
Now Does the Glorious Day Appear (Ode for Queen Mary's Birthday) Z332
By beauteous softness mixed with majesty


John Blow (1648-1708)

Sonata in A major

Henry Purcell

Strike the viol, touch the lute Z323
Sound the trumpet Z323


John Jenkins (1592-1678)

Fantasia a 3

John Blow

No, Lesbia, no, you ask in vain (The Queen's Epicedium)

Henry Purcell

Music for a while Z583
O dive custos Auriacae domus (Ode on the death of Queen Mary) Z504


Henry Purcell

Sound the trumpet, beat the drum Z335
Symphony
Let Caesar and Urania live
Chaconne
King Arthur Z628
Prelude and Aria: What power art thou 'Cold song'
Aria: Fairest Isle
The Fairy Queen Z629
Duet: Let the fifes, and the clarions

Sonata in G minor Z780
Now that the sun hath veiled his light (An Evening Hymn on a Ground) Z193


 1週間を置かずして、3人のカウンターテノールを聴き比べられるというのは、大陸での充実ぶりから見れば遅れをとっているのだろうが、ロンドンでの選択の多さには恵まれている。以前、ある友人からファジョーリ等の技巧を誇るカウンターテノールとは違い、デイヴィースショルは教会音楽の合唱の流れを汲む系統、ということを教わった。パーセルの歌曲を歌う二人からは、前週、ファジョーリが歌ったアリアとは違う点を鮮明に感じることができて、カウンターテノール初心者レヴェルの僕にはとても興味深いリサイタルだった。

 ショルとデイヴィースを長く聴いてきておられる椿姫さんの指摘(http://ameblo.jp/peraperaopera/entry-12098196341.html)には、特に二人の勢いの差については同様な感想を持つ。最初の2曲は二人によるデュエットで、ソロのパートでショルが歌うとき、声のコントロールや美しさはさすがなのだが、デイヴィースとのデュオパートになると、ショルの声の芯がデイヴィースよりもずっと華奢になっていると感じた。花も咲くし、葉もまだ濃く茂るけど、その裏に隠れている幹は以前より細くなってきている、そんな印象を持った。

 同行した友人は、オーケストラの水増しが多過ぎと不満げだったが、勢いの差はあれども技術、実力が拮抗する二人を同時に聴けたのは良い経験だった。特に印象に残った曲は、ショルが歌った「Cold song」。

IDAS2.jpg
ロンドンの椿姫さんのご好意により、http://ameblo.jp/peraperaopera/entry-12098196341.html

 12月4日のイェスティーン・デイヴィースアラン・クレイトン(イギリス人テノール)、12月下旬のチェンチッチhttp://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2382.html)のリサイタル以降、ウィグモアでのカウンターテノールの登場は無いはず。代わりに、3月下旬以降、アン・ハレンベリ(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2217.html)が3回出演予定。これはとても楽しみ。

関連記事
スポンサーサイト
Songs    Comment(0)   ↑Top

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.