LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

Iestyn Davies&Allan Clayton@Wigmore Hall

2015.12.08
4 Dec 1
(ロンドンの椿姫さんのご好意により、http://ameblo.jp/peraperaopera/entry-12103216567.html

先月に続いて(http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2570.html)、ウィグモア・ホールでイギリス人カウンターテノールのイェスティン・デイヴィースと、今回はイギリス人テノールのアラン・クレイトンとのリサイタルに行ってきた。どちらがどれを歌ったかは、椿姫さんのポストを参照してください。

http://ameblo.jp/peraperaopera/entry-12103216567.html

American composer Nico Muhly’s feeling for the sounds and clarity of pre-Classical music has proved a strong influence on his acclaimed work.

His new score crowns an ear-catching programme shrewdly devised by James Baillieu to spotlight the highest levels of invention and sophistication of English and American song.

Iestyn Davies countertenor
Allan Clayton tenor
James Baillieu piano

Henry Purcell (c.1659-1695)
Music for a while Z583 (arr. Sir Michael Tippett)

Sweeter than roses Z585 (arr. Benjamin Britten)
Full fathom five Z631 (arr. Thomas Adès)

Benjamin Britten (1913-1976)
Canticle I: My beloved is mine Op. 40

Thomas Adès (b.1971)
The Lover in Winter

Benjamin Britten
Canticle II: Abraham and Isaac Op. 51


Nico Muhly (b.1981)
Lorne ys my likinge (world première)

Samuel Barber (1910-1981)
3 Songs (James Joyce) Op. 10
Rain has fallen; Sleep now; I hear an army

Nico Muhly
Four Traditional Songs

Benjamin Britten
Sally in our Alley; The Plough Boy; I wonder as I wander; Oliver Cromwell

Henry Purcell
Lost is my quiet forever Z502 (arr. Benjamin Britten)
Sound the trumpet Z323 (arr. Benjamin Britten)


 正直、最初の3曲では集中できなかった。が、眠気が一気に消散したのは、トマス・アデスの曲。彼の音楽が無性に好きな訳ではないが、耳にする度にその吸引力には驚かされる。ラテン語の歌詞の歌を聴いたのは、合唱以外では初めてかもしれない。そのあとに続くベンジャミンのカンティクルの「アブラハムとイサク」は歌詞の内容はとても苦手な部類。しかし、以前にデイヴィースとパドモア、そしてデイヴィースとボストリッジで聴いた時よりも、両者の声の交わり具合がとても良く、歌唱的にはとても満足の行くものだった。
http://loveandhatelondon.blog102.fc2.com/blog-entry-2014.html

 インターヴァル後の最初のニコ・ムーリィの世界初演の曲に再び圧倒される。現代音楽にありがちな楽譜をひねくり回したような印象は全く無かった。歌詞の内容に合うとても深い旋律がカウンターテノールとテノールの声によって舞台上で紡がれる場の緊張感が素晴らしい。最後は歌い手二人がピアノ演奏に参加して、六つの手による連弾で終わる。

 これまで聴いてきたデイヴィースが他の歌手と歌う舞台よりかなり満足度が高かったのは、アラン・クレイトンの歌唱にもよるだろう。もはや絶滅しつつあるヒップスターを気取っているのかは判らないが、整えられていない、伸び放題の印象が強いひげと、30代でそれは拙いのではないかと心配になるほどせり出したお腹からの印象をひっくり返すほど力が漲る伸びのある声は、若い声の良さを充分に発揮していた。

4 Dec 5

 有料なのでリンクを張れないが、タイムズのレヴューでは五つ星の評価を獲得した、素晴らしいリサイタルだった。

関連記事
スポンサーサイト
Songs    Comment(0)   ↑Top

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.