LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

チケット争奪戦みたいな医者の予約

2015.12.08
10月中旬になんだか体調がおかしいなと感じて、登録してあるGPサージャリィに電話した。その時は2日後の予約がすぐに取れた。奇跡だと思った。もしかして医者が増えたのかと期待した。

 今回担当になったB医師との話し合いで幾つかの検査をすることになり、最後の検査が終わったのが11月30日。これは、問診から約ひと月後の設定。こんな検査の予約にひと月も待つのか、ま、でも深刻な状況ではないのだろうと。

 当日、病院の受け付けにいって受付に居た女性に手紙を見せたら、「どうしてあなたがここに来たの?」といきなり詰問される。なんでといわれても手紙に書いてある住所の通りにきたことを見せると、ヴェテランらしき看護婦が手紙をじっくり読んでから、「ごめんなさい。私たちのミスです。この検査病棟は、女性専門なんです」。

 おかしいなとは思っていた。ご飯は食べてきてもよい、起床してから診察室にくるまでに最低1リットルの水は飲んでおくように、とこれまでの同様の検査とは全く逆のことが書いてあった。確認すべきだったのかもしれないが、下手に電話するとまた予約が変更・延期されるだろうと懸念し電話しなかった。

 検査室の受付で、またひと月も待たせられるなんてことは受け入れられないというと、別のこれまた経験豊かそうな検査担当者が、「私ができるから大丈夫ですよ。面倒をかけてしまって、本当にごめんなさいね。こちらへどうぞ」。検査は無事に終了。

 B医師からは最後の検査が終わったら直ぐに予約の電話をするようにといわれていた。検査が終わって直ぐにGPサージャリィに電話すると、「B医師の予約は12月9日まで既に一杯です。12月10日以降の予約は12月8日から始めます」。

 午前8時、電話するも既に回線は大混雑。メッセイジは、「You are at 25th position in the queue」。待つこと30分。

 「B医師との予約を入れてください」。

 「12月22日の○○時〇〇分です。そこしか空いていません。診察時間は10分のみです」。

 アデルのコンサート・チケットを取るよりも難しいのではないかと思う。

NHS rationing 'is denying patients care' as cash crisis deepens
http://www.theguardian.com/society/2015/dec/08/nhs-rationing-denying-patients-care-cash-crisis-survery-doctors

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.