LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit | Mental Health 

David Bowie

2016.01.12
DBguardian.jpg
(2016年1月12日のガーディアン本紙の1面)

イギリス社会、政界の混乱を象徴することが次々に起きているにもかかわらず、昨日から今朝にかけて、イギリスのメディアは1月10日に亡くなったデイヴィッド・ボウイのニュースが満載。

David Bowie on the Guardian
http://www.theguardian.com/music/davidbowie

 ガーディアンの記事の中で、個人的に、音楽ファンとしてとても共感したのが、いつもはフェミニズム記事の筆頭であるスザンヌ・ムーア女史の記事。

My David Bowie, alive forever
http://www.theguardian.com/commentisfree/2016/jan/11/my-david-bowie-alive-forever

 自分が生きてきた時代にいつも寄り添い、刺激を受け、時に反発し、そして受け入れていく過程で自分の成長を反映させることのできる歌、そして芸術への想いは、時代、そして洋の東西を問わないだろう。

関連記事
スポンサーサイト
Songs    Comment(0)   ↑Top

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.