LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン

1999年のクリスマス・イヴにロンドンに。以来、友人達に送りつけていたプライヴェイト・メイル・マガジンがもと。※掲載されている全ての文章の無断引用・転載を禁じます。
Home未分類 | Dance | Sylvie Guillem | Royal Ballet | Royal Opera | Counselling | Sightseeing | Overseas Travel | Life in London(Good) | Life in London(Bad) | Japan (Nihon) | Bartoli | Royal Families | British English | Gardens | Songs | Psychology | Babysitting | Politics | Multiculture | Society | Writing Jobs | About this blog | Opera Ballet | News | Arts | Food | 07/Jul/2005 | Job Hunting | Written In English | Life in London (so so) | Speak to myself | Photo(s) of the day | The Daily Telegraph | The Guardian | BBC | Other sources | BrokenBritain | Frog/ Kaeru | Theatre | Books | 11Mar11 | Stage | Stamps | Transport | Summer London 2012 | Weather | Okinawa | War is crime | Christoph Prégardien | Cats | Referendum 23rd June | Brexit 

デンマーク(またはコペンハーゲン)国立美術館

2016.01.19
スクリーンショット 2016-01-19 13.32.53
(正面玄関)

ロンドンに戻る日は快晴。ガイドブック等の情報だと、コペンハーゲン市内、及び近郊の観光・文化施設の会場時間は午前11時というのがとても多い。そんな中途半端な時間の理由は知る由もないが、時間が限られている時には結構不便。で、早く開いている場所は無いかなと探していて午前10時とあったのが、デンマーク国立美術館だった。

http://www.smk.dk/en/

写真
https://www.flickr.com/photos/89578620@N00/albums/72157663113574830

 そんな消去法で訪れたことを激しく後悔するほど、素晴らしい美術館だった。友人が昨年の夏にコペンハーゲンを訪れたおり、詳細なポストを書いていたにもかかわらず、それすらきちんと読まなかったことで、けっこう貴重な美術品を見逃したことも悔やまれる。見逃したのはこれ。

http://fumiemve.exblog.jp/20186764/

 ロ・スケッジャという方による長持ちらしい。が、部屋で遠目にこれらを観た時、「棺か、いいや観なくて」と思った自分の浅はかさをロンドンに戻って友人のポストを読んで激しく後悔。だいたい棺だったら、あれほど綺麗に保存されているはずがない。

 見逃した作品の方が多いだろうから再訪して観たい美術品はたくさん有るだろう。何よりその空間、展示方法の考え方が素晴らしい。友人のもう一つのポストに書かれている、現代美術品の展示。

http://fumiemve.exblog.jp/20203123/

 美術館本館の正面からはその存在が見えなかった、外観はおそらく無機質な白い建物。しかし内部は、展示されている作品の面白さを知るよりも、空間が醸し出す静謐さに、そしてある意味、豊かさに言葉が無かった。大貫妙子さんの曲、「メトロポリタン美術館」の歌詞のように、(絵画ではないが)芸術作品としての空間に閉じ込められたのだけど、自分の想像力を自由に解き放すことができるような開放感を強く感じた。コペンハーゲンで訪れた美術館は二つのみだが、いずれも「こんなに素晴らしい美術館があったことを知らなかったなんて」、と。

 作品として個人的に嬉しかったのは、フランスの部屋。数は少ないが、ブラックレジェの作品を久しぶりに一人でじっくり観られた。また、それほど熱心に観てきている訳ではないので間違った印象を持っていたとも考えられるが、2、3展示されていたルオーの絵画の色調がとても暗いことに驚いた。

 コペンハーゲン・カードを提示すれば、常設展と特別展示を入館料金を払わずに鑑賞できる。

関連記事
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと

Copyright ©LONDON Love&Hate 愛と憎しみのロンドン All Rights Reserved.